あらいのじかん〜神社と朱印、ときどき猫と自転車〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 新田熊野神社/仲新田宗像神社(東海市加木屋町)

<<   作成日時 : 2007/08/17 00:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

本郷熊野神社のある白拍子からさらに南、名鉄河和線をくぐったあたりの仲新田に、小さな神社がありました。

画像
神社名:宗像神社
鎮座地:愛知県東海市加木屋町仲新田

喫茶店の北隣に鎮座。愛知県神社庁の神社一覧に載っていないのでよくわからない。

画像
社殿。
扉が三つ見えるので、宗像三女神が御祭神と思われ。かぎやまつりの行われる神社のひとつ。



さらにそこから南、名鉄南加木屋駅前交差点の西側に熊野神社が鎮座。

画像
神社名:熊野神社
鎮座地:愛知県東海市加木屋町柿畑66番地
御祭神:速玉之男命、伊邪弉冉命、事解之男命
例祭:4月第3土曜日(試楽祭)、第3日曜日(本楽祭)
本殿様式:流造

かぎやまつりではこの新田熊野神社と本郷熊野神社の間を神輿が往復するらしい。

御由緒
 當神社の創建については詳かではないが、伝承によれば寛永元年(一六二四年)に紀州熊野新宮から勧請し、新宮と称し、その後度々再建されたとされている。
 奉斎年号は不明であるが、大荒神社とあり、山神を祀る旧知(現在の境内)へ移し祀った、以前は香良洲神社の前に祀ってあったと聞いているが、後に上へ移し山神と並べて祀った。
 また棟札によれば、「大荒神社を謹んで拜し當郷の安全を祈る」との一枚が現存しているので、古くは大荒神社と称していたものと思われる。
 熊野神社の名称は、本郷熊野神社と同様紀州熊野から勧請されているので往時の新宮の名称と共に熊野神社と称したものと考えられる。


熊野神社の創建は1624年であるが、それ以前から別の神様が祀られていて、そこへ熊野から勧請されて主神に成り代わったと。半田街道は式内阿久比神社もあるように古くからの道なので、それに面する神社も実はかなり古いんじゃないかなぁと。

画像
本殿はちょっと高い場所に。扁額には「熊野三所祠」とある。この書き方は初めて見る。

本殿西には「水利会館」という町の集会場?があり、さらにとなりには宮司さんのご自宅がある。ただし宮司さんは本郷熊野神社との兼務で、普段は本郷のほうに常駐じている。御祓いや御祈祷も本郷のほうへとの案内板もあるし。

画像
水盤。弘化二巳年八月吉日とある。西暦では一八四五年、乙巳の歳。

画像
太鼓に鶏が乗っている。こういうのたまに見るけど、どういう意味?

画像
本殿東の御嶽社と役行者像(で、いいのかな?)。

【末社】
金刀比羅社:大物主神
津島社:建速須佐之男命
秋葉社:軻遇突智命
山神社:大山祇神
神明社:天照大御神
御獄社:國常立尊、大己貴命、少彦名命
香良州社:稚日女命

画像
石碑。左は「奉斎保食大神祈牛馬安全」、右は「移設記念 市道柿畑中入池線新設の為この地に移す」とある。神話では保食神の死体の頭から牛馬が生まれたので、牛馬の守護神として農民らが奉斎したのだろう。

御朱印は本郷熊野神社のほうで。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
本郷熊野神社(東海市加木屋町)
名古屋から半田へ抜ける県道55合号、昔の半田街道の白拍子交差点を西へ曲がってすぐのところに参道が。 しかし白拍子という名も気になる…近くの白拍子橋が由来らしい。 ...続きを見る
あらいのじかん〜神社と朱印、ときどき猫と...
2007/08/17 00:31

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
新田熊野神社/仲新田宗像神社(東海市加木屋町) あらいのじかん〜神社と朱印、ときどき猫と自転車〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる