あらいのじかん〜神社と朱印、ときどき猫と自転車〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 伊賀八幡宮(愛知県岡崎市)

<<   作成日時 : 2007/11/11 16:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

てんてサボってすみません。今日も出かけるつもりでしたが、雨が降ったり止んだりなので見合わせたところで。
ぼちぼち楽なところから追加していこうかな〜と。
ていうかぶっちゃけ、有名どころならどこかで紹介されてるか、公式HPあるし。
そんなわけで伊賀八幡宮

画像
名鉄東岡崎駅の西側にある大通りを北へ2kmほど行くと、鳥居が見えてきます。歩く2は少し距離があるのよね。

画像

鳥居を進むと、伊賀八幡宮前を流れる伊賀川に架かる橋に。「神橋」とある。
さらにまっすぐ進み、階段を降りるとそこは…

画像
行き止まり。なので参拝者は、この池を迂回して向こう側の随神門をくぐります。

画像
池を横から。ちなみにこの石橋、随神門、石橋前の石鳥居は重要文化財。
ほかにも、寛永13年(1636)に完成した本殿、幣殿、拝殿、透塀、御供所が指定されている。

で、お参りした時にはちょうど文化財保存修理事業の最中で……要は工事中と。そんなんで社殿も見るからに作業中な感じで、社殿に近い境内社も参拝できなくなっていたので、撮影はしないでおいた。完了するのは来年とのことなので、また来ようっと。

神社名:伊賀八幡宮
鎮座地:愛知県岡崎市伊賀町東郷中86
御祭神:応神天皇、仲哀天皇、神宮皇后、東照大権現(徳川家康公)
創建:文明年間(1469〜)
神紋:三つ葵
本殿:三間社流造
社殿:権現造
例祭:10月第1日曜日とその前日

伊賀八幡宮は、松平四代親忠公が八幡神を伊賀より勧請し、松平家の氏神として創建した神社。同時に氏寺として大樹寺も開山した。寺は神社よりさらに1kmほど北にある。
なんで伊賀から勧請したのかな?松平郷の八幡神社は若宮神社からと伝わっているけれど。

松平家は源氏の子孫として八幡神を氏神とすると同時に、古くから六所神社を信奉し、歴代の松平氏の産土神として信奉している。その繋がりが、初代親氏公の養父藤原氏から受け継ぐものなのか、松平に流れてくる以前からのものなのか、少々気になる。

【境内社:御祭神】
上総社(かずさしゃ):天日鷲之命
牟久津社(むくつしゃ):大奈持之命
讃岐社(さぬきしゃ):大物主之命
若宮社(わかみやしゃ):若宮之八幡(仁徳天皇)
伊勢社(いせしゃ):天照大御神
住吉社(すみよししゃ)筒之男三神
日宮社(ひのみやしゃ):日宮神(日之宮大神)
安芸社(あきしゃ)市杵島姫之命
教国稲荷社:倉稲魂之命

年中行事はこちらで

画像
伊賀八幡宮御朱印。もちろん葵。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
伊賀八幡宮(愛知県岡崎市) あらいのじかん〜神社と朱印、ときどき猫と自転車〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる