あらいのじかん〜神社と朱印、ときどき猫と自転車〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 徳王稲荷社金刀比羅社(愛知県岡崎市)

<<   作成日時 : 2007/11/27 15:16   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

地図に気になる名前の神社があったので、岡崎へ来たついでに行ってみた。

画像
徳王稲荷社金刀比羅社に着。東本願寺三河別院の目の前でした。
この日はちょうど藤祭りが開催中。

画像
御老人方が境内のベンチでくつろいでいました。

画像
ちょっと離れて見たほうがよく見えたり。

画像
神社名:徳王稲荷社金刀比羅社
御祭神:宇気比売神、大穴牟遅神、崇徳天皇、猿田彦神
鎮座地:愛知県岡崎市西中町二丁目一番地 Google
境内地:一,八三六平方米
創建:1507年(徳王稲荷社)、1813年(金刀比羅社)
社格:九等級、旧村社

<徳王稲荷社>
 永正三年(一五〇七)今川修理太夫氏親の発願により、稲熊の郷石山の地に村人が稲荷大神を勧請せし社という。当社の隆盛を来たせし因は、伊勢国の中川つね子常に稲荷大神を尊崇し、明治十一年居を岡崎に移すとともに、諸人に稲荷大神の神助加護を仰ぎがしめ、遠近より祈願参詣する者跡を絶たず。明治二十五年両町に広壮なる社殿を造営する。
*4月十一日例祭直会は、花見時と重なり十銭講会員で百畳敷の大広間が満員となった。
*七夕祭りは、浴衣姿で夕涼みの額絵(歌舞伎名場面の情景)見物の人並が続いた。
<金刀比羅社>
建保年間(一二一五頃)本間三郎重光の臣伴隼人、この地に住し北野天神の祠官として奉仕する。永禄の世(一五六〇頃)にいたり、伴孫太郎徳川家康公に弓弦を献じたる故、弦指屋敷と称せられ、家康公も射的の為に数度の枉驚ありて、御手植の椿ありと申し伝える。文化九年(一八一三)十月、伴氏屋敷内に金刀比羅大神を奉祀せしという。境内に藤の大樹ありて花房の長さ六尺にも及び、こんぴらさんの長藤と海道一の名声を挙げる。
 昭和二十年七月の岡崎大空襲により、両社共荘厳なる御社殿の悉くが焼失する。
 昭和四二年一月に至り合祀の議定まり、元金刀比羅社境内に新社殿を造営する。
 工事に伴い、境内の片隅に焼け残り蔓を伸ばしていた径五センチ程の藤を三株移植し、棚を設けて大切に育てるに、昭和六一年には往古を偲ばす一七十センチを超す見事な長藤が復活した。これを期に奉賛会員手作りの徳王神社藤まつりが始まる。その内容も会員等の努力により年々充実し、毎年四月下旬から五月上旬にかけては夜間照明も施されて、遠近より訪れる参詣者の人波は、終日絶えることがない。
(徳王神社・金刀比羅社略記より)

頂いた由緒をそのまま転載してみた。ところどころ誤変換っぽいのがあるのは、忠実に写したためです。
北野天神の祠官って、岡崎天満宮のことかな?

画像
境内社。左から、天神地祗社、御獄神社、金山神社、秋葉神社。

画像
徳王神社御朱印。宮司さんは不在のようで、半紙を頂く。通称が徳王神社みたい。
こちらの宮司さんは、滝山東照宮も兼任してたはず。昨日行った東照宮では留守だったんだけど、今日はあっちに行ってたりして?
授与品に狐面のおみくじせんべいとがあります。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
岡崎天満宮(愛知県岡崎市)
どこの町にもひとつは在るであろう天満天神さん。 岡崎で有名なのは岩津天満宮、身近なのはこちらの岡崎天満宮。 ...続きを見る
あらいのじかん〜神社と朱印、ときどき猫と...
2007/11/29 01:41

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
徳王稲荷社金刀比羅社(愛知県岡崎市) あらいのじかん〜神社と朱印、ときどき猫と自転車〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる