あらいのじかん〜神社と朱印、ときどき猫と自転車〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 岡崎天満宮(愛知県岡崎市)

<<   作成日時 : 2007/11/29 01:41   >>

かわいい ブログ気持玉 2 / トラックバック 3 / コメント 0

どこの町にもひとつは在るであろう天満天神さん。
岡崎で有名なのは岩津天満宮、身近なのはこちらの岡崎天満宮

画像
東本願寺三河別院の近く、でも徳王神社とは逆に裏手へ回って、軽く坂を上ったあたりに鎮座。

画像
石段を登ったところ。こじんまりして落ち着く感じ。

神社名:岡崎天満宮
御祭神:菅原道真公、道臣命
鎮座地:愛知県岡崎市中町北野1番地 Google
創建:建保5年(1217)8月23日
神紋:桜
例祭:9月23日〜26日

<御由緒>
宮中の怪異事件
 今から約800年前のことです。人皇第84代順徳天皇の時代、建保2年(西暦1214年)秋、宮中に夜な夜な怪しく光る物体が飛来し、その時から、順徳天皇の皇女が病に床伏せられるという事件がありました。
 その当時、宮中警護の任に当たっていた武将・本間三郎重光は、天皇の命を受け、家来の伴隼人とともに、その怪光物を弓で射落とすことにしました。毎夜、その怪光物との格闘の末、弓の名手であった伴隼人が怪光物を射落とすことに成功しました。射落としたものを良く見てみると、その骸は野狐でした。
 しかし、皇女の病は癒えませんでした。天皇は色々なことを試されました。医者に見せ、薬を飲ませ、神仏に祈り、加持祈祷を何度も何度もしました。でも、その功なく、ますます皇女の病は重くなる一方でした。病の原因もわからず、対処の方法もなく、順徳天皇は酷く御悩みになり、陰陽博士に御相談なされました。博士の卜筮(占い)によると、これは射落とした野狐の祟りが原因であることがわかりました。

当神社の創祀
 博士の提言により、本間三郎重光の領地であった三河国菅生郷に野狐の遺骸を送り、日本全国・六十余州の名山の土を集め、獅子形に仮山を築き、その面を宮中の方角に望ませ、野狐の霊を慰めるために稲荷社をおまつりしました。
 すると、不思議なことに、皇女の病は癒え、すっかり元気になりました。天皇は、とてもお喜びになり、稲荷社の側に瑞生山総持尼寺という尼寺を建立しました。そして、皇女御自ら、尼僧となってこの寺にお入りになったのです。
 建保5年(西暦1217年)8月23日、この総持尼寺の鬼門除けとして、あの野狐を射落とした弓弦を御神体にして、本間三郎重光の祖神、道臣命(みちおみのみこと)を勧請し、北野庄(現当神社鎮座地)に天神社を建立しました。これが当神社の御創建で、当時は伴天神とか弓弦天神と称されました。

菅原道真公の神夢奉齋
 さて、時代は下って江戸時代、元禄3年(西暦1690年)のことです。、江戸亀戸天神の別当職・菅原信祐(すがわらしんゆう)という方が、大宰府天満宮の飛梅の木にて作られた菅公御神像を奉持し、大宰府より江戸へ向かう旅の途中、岡崎本陣中根甚衛門方に一宿されました。
 その夜、信祐の枕元に菅原道真公(すがわらみちざねこう)が立たれ、こう仰せられました。「この岡崎の地に昔よりいいお社がある。そこに私を勧請しなさい。」
 翌朝、信祐はこの神夢のことを主人に話しました。主人は「それはきっと北野の弓弦天神のことでしょう。」と言いました。この話を聞きつけた町中の人は、大変感激しました。そして、天神社の社殿を一新し、神夢の通り、あの菅公御神像を合祀し、天神様をおまつりしたのです。そして社名を岡崎天満宮と改め、現在に至っています。
岡崎天満宮 御由緒より転載>

創建した1217年から菅公御神像を合祀する1690年までは天神社、以降は天満宮となったわけですね。天神と天満が分けられているのも珍しい。
北野天満宮については、元々天神が祭られていたところへ道真公が合祀された、という話があります。古くから在る神社に流行り神が上書きされることはよくあるので、こちらもその一例かもしれません。

画像
手水舎の水盤内に桜紋が。

画像
御朱印をお願いして境内をふらふらしていて、本殿横の隙間にねこ発見。

画像
岡崎天満宮御朱印。
天満宮らしく、授与品の種類が豊富。詳しくは公式HPで。

画像
御朱印を頂いた際に、由緒にある総持尼寺の場所をお聞きして行ってみた。左に稲荷社、右が本堂。
あと撮影してないけど結構な石段を登ります。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
かわいい かわいい

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
徳王稲荷社金刀比羅社(愛知県岡崎市)
地図に気になる名前の神社があったので、岡崎へ来たついでに行ってみた。 ...続きを見る
あらいのじかん〜神社と朱印、ときどき猫と...
2007/11/29 01:45
能見神明宮(愛知県岡崎市)
龍城神社のある岡崎城から北へ1kmほど、伊賀八幡宮の一の鳥居のちょと南を西へ入ったあたりに、能見神明宮は鎮座しています。 ...続きを見る
あらいのじかん〜神社と朱印、ときどき猫と...
2008/04/14 00:43
菅生神社(愛知県岡崎市)
岡崎城龍城神社のある岡崎公園の東、巴川をすこし遡ったところに、岡崎最古といわれる神社が鎮座しています。 ...続きを見る
あらいのじかん〜神社と朱印、ときどき猫と...
2008/04/16 02:10

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
岡崎天満宮(愛知県岡崎市) あらいのじかん〜神社と朱印、ときどき猫と自転車〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる