あらいのじかん〜神社と朱印、ときどき猫と自転車〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 龍城神社(愛知県岡崎市)

<<   作成日時 : 2008/04/13 23:50   >>

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 2 / コメント 0

画像
城まで六丁、みそ蔵まで二丁、つまり八丁みそ。
はい、岡崎です。

画像
12月の岡崎公園
画像
公孫樹が黄色く色付いて、観光客の方もまばら。

画像
何処だっけ・・・。

画像
公園内の橋。

画像
龍城神社では結婚式が行われていました。

神社名:龍城神社
鎮座地:愛知県岡崎市康生町561
御祭神:徳川家康公 天神地祇 本多忠勝朝臣 護国英霊
社格:旧県社
神紋:葵
例祭:4月17日

○往昔、三河の守護代西郷弾正ェ門稠頼が此の地に築城成る日、何処ともなく柳の五ッ衣に紅の袴をつけた気高い乙女が天守に現われ、「われはこれ歳久しく此の処に住む龍神なり、汝われを鎮守の神と崇め祀らば永く此の城を守護し繁栄不易たらしめん」と、おりしも城中の井水噴き出で、高く天に沖し飛瀑の如く龍神に注ぎ、一群の黒雲舞い下りて天守を包むと見るまに龍神の姿は忽ち消えうせた。此の不思議に城主おどろき、天守楼上に龍神を祀って城地鎮守と崇め永く加護を祈り、城の名を龍ヶ城、井の名を龍の井と称えしと云う。
○天文十一年十二月二十六日、後の征夷大将軍徳川家康公、幼名竹千代君此の城に産声をあげ給う。この英雄児の生まれ出づるを待つが如く、城楼の上に雲を呼び風を招く金鱗の龍を見たりと云う。今に龍神の井、産湯の井、東照公胞衣塚を存する。
○東照公戦乱の世を鎮め天下を統一し、万民和楽の大業を達成して世を去り給う。その偉業を称え、城内に東照宮を奉祀した。
○後に本多忠勝公を合祀し、大正三年県社に昇格、神饌幣帛料供進神社に指定せされ、岡崎市の中心神社として崇敬せられた。昭和三十七年社殿再建の議成り、広く崇敬者の浄財を得、また日光東照宮より神木の寄進を受け、社殿を竣成。天神地祇、全市旧領の護国の英雄を配祀した。 諸人の尊崇益々厚く諸願成就、開運守護の霊験いやちこな大社である。
龍城神社HP社記より転載】

由緒には龍神を祀ったとあるけど、それは天神地祇に含まれるということなのかな?
しかしなぜ徳川家臣団の中で、本多忠勝公のみ合祀されたのだろう。

画像
同じ龍城神社、こちらは4月6日。岡崎まつりのまっ最中につき、人多くて砂埃がひどいです。

画像
雀もここじゃ落ち着かないでしょうに。

画像
公園内の橋。桜の名所でもあるので、ものすごい人出です。

画像
それはともかく、岡崎城内には家康関連の史跡が点在しています。産湯井戸と、画像の胞衣塚は天守閣の西側にありました。

画像
天守閣北側には徳川家康像。

画像
龍城神社御朱印。私以外にも数人、朱印帳を預けて御祈祷を待っていた方がおられました。

画像
12月の日没。ここから2時間かけて自転車で帰るんですけどね。
旧東海道の松並木が月光を遮って、道が暗いっての。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
驚いた
ナイス

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
岡崎まつり その1
桜の名所で結構有名な岡崎へ行くと、たまたま岡崎まつりをやっていたので。 どうりで岡崎城や龍城神社が酷い人出だと。 行列を色々撮ってきたので乱雑に掲載。 ...続きを見る
あらいのじかん〜神社と朱印、ときどき猫と...
2008/04/13 23:52
能見神明宮(愛知県岡崎市)
龍城神社のある岡崎城から北へ1kmほど、伊賀八幡宮の一の鳥居のちょと南を西へ入ったあたりに、能見神明宮は鎮座しています。 ...続きを見る
あらいのじかん〜神社と朱印、ときどき猫と...
2008/04/14 00:43

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
龍城神社(愛知県岡崎市) あらいのじかん〜神社と朱印、ときどき猫と自転車〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる