あらいのじかん〜神社と朱印、ときどき猫と自転車〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 薬園八幡神社(奈良県大和郡山市)

<<   作成日時 : 2008/05/07 23:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 1

画像
高田大神社から郡山城址へ・・・途中、外堀緑地を通り過ぎて。

画像
薬園八幡神社。道路の南側に建っています。
実は以前車で通りがかった際、ちらっと見えたこの佇まいがとても気になっていました。

画像
いざ境内に入ると、古い楼門・・・ではないか、古民家のような表門と真新しい右の授与所が。岡田鴨神社も民家のようだったなぁと思い出したり。授与所には昔の釣り灯籠などが展示されていました。
インターホンを押すと、奥の社務所(お宅?)から奥様が来られて、御朱印をお願いしました。頂いた後、色々とお話を伺うことができ、普段は公開していない場所を撮影したアルバムも見せて頂きました。

画像
社務所の反対側、塀の向こうにはお堂らしき建物。昔の神宮寺である薬園寺とのことで、神仏分離令以前は間の塀が無く、境内は全く一緒だったそうです。
こちらの薬園寺は何かの札所になっていたので、御朱印も頂けると思います。

画像
先の表門をくぐると右手に神楽殿、の中に神明社などがお祀りしてありました。

画像
左手に拝殿(幣殿)、その奥には本殿があります。

神社名:薬園八幡神社(やくおんはちまんじんじゃ)
鎮座地:奈良県大和郡山市材木町32番地
御祭神:八幡大神、比盗_
創建:天平勝宝元年(749年)
神紋:藤に橘
本殿:一間社隅木入春日造桧皮葺(宝暦九年改築・奈良県文化財)
例祭:10月12日

【創立・沿革】
 当社の創建は奈良朝孝謙天皇代の天平勝宝元年であって、千二百五十八年前(平成十九年現在)のいにしえに遡る。『続日本紀』に詳述のとおり、藤原広嗣の乱の平定と聖武天皇の病気平癒の祈願に、さらに大仏造顕に協力する神として、宇佐の八幡大神はあらたかな霊験を現され、その絶対的神威は中央第一の神として朝廷の厚い崇敬をうけるに至った。
 七四九年七月孝謙女帝が即位、年号は改まって天平勝宝となったこの年の十一月、大仏完成擁護の神託を奉じた八幡大神は宇佐から都に向われ、天皇は石川朝臣年足、藤原魚名等の重臣を迎神使として遣わされて、十二月平城宮の南、梨原の薬園新宮内に設けた神殿に迎え祀られる。梨原の地はもと広大な薬園のあったところで、新宮の名もこれに因む。そしてここより東大寺へ遷座の際、八幡大神の御分霊をこの新宮内の神殿に留めて奉斎し、由緒ある薬園の地名を冠して命名されたのが、すなわち当社の創始であり、由緒またこれより生まれる。こうして翌二年九月今の御旅所の地清澄荘薬園に遷座され、時移り延徳三年に至って現社地の南薬園に鎮座せられたのである。
 思うに、薬園八幡神社は聖武太上天皇の仰せをうけ、創建以来朝廷より勅額・神階・神領を賜って奉幣にあずかり、社殿の造修も受けつつあったが、星霜を経て幕府の政権となって遂に途絶え、足利時代末期に現社地への遷祀となった。しかし近世に至って藩主等の尊敬もうけ、やがて、薬園地域全ての氏子をもって存する天井、本庄、塩ノ庄等の総社となり、薬園の旧蹟に厳存して歴史を誇る社頭を保持しつつ、市の中心部地域の殆どを氏子に擁する産土神として、親しまれ崇められている。
<薬園八幡神社略記より転載>

宇佐八幡宮から東大寺鎮守社の手向山八幡宮へ分祀される際に逗留したことに因み、薬園八幡神社が創建されたという。春日大社の神々を鹿島神宮から迎えた際、各地に中継した故事に因み春日神社が創建されたのと同じでしょうか。大須の春日神社、桑名の桑名宗社など。

薬園に因む神社とのことで、社務所の授与品にも薬がありました。いや薬じゃなく薬効のあるお茶かな?

お参りしていて本殿が西向きと気付きましたが、昔から西向きで理由はわからないそうです。南面or東面とされる以前の古社にはよくあることですけど。
戦時中の空襲の被害は無く、また伊勢湾台風などでも大きな被害は無いため、社殿全体が江戸時代に改修されたままの姿がほぼ残っています。

なお、こちらのブログによると、御祭神は誉田別命と息長足媛命とあります。

画像
幣殿には春日大社でよく見る釣り燈籠がずらっと。社殿もどこか春日造っぽいのですが、これも理由はよくわからないそうです。奈良ではお祀りしている神様を問わず、春日造な社殿になっていることが多いです。
中には乾漆狛犬や市文化財の襖絵があるそうで、写真で見せて頂きました。

画像
境内社いろいろ。色々おられたのですが、小雨なこともあり詳しく記録していませんでした。
この右手には参集殿や神庫がありました。

画像
私がお参りした時、本殿は修理保存工事中で、極彩色の部分は保護されてよく見えないので写真で見せていただきました。
広場に戻って振り返ると、工事中の本殿が上にせり上げられていました。上げて土台を直しているそうです。

画像
藩主から奉納されたという石灯籠。文字は藩主のものとのこと。藩主の名前を忘れたのは秘密です。

私は気付かなかったのですけど、こちらのブログによると、狛犬にちんちんが付いているらしい。ちんちんはたまにしか見かけないので、撮っておきたかったな。

画像
薬園八幡神社御朱印。くるっくー。



画像
薬園八幡神社で由緒書や大和郡山市のパンフレットなどを頂き、失礼いたしました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
おっとビックリ!大和郡山の隠された秘密!
こんにちは。今日も見てくれてありがとう。ブログの更新行きますね。今日は大和郡山に... ...続きを見る
大和郡山の驚き最新情報!
2008/05/09 14:15
郡山八幡神社(奈良県大和郡山市)
JR郡山駅の西南西、近鉄郡山駅の東南、柳町商店街の小道の先に郡山八幡神社があります。ちょとわかりにくい。薬園八幡神社で頂いた「大和郡山城下町ウォークマップ」が大変役に立ちました。 ...続きを見る
あらいのじかん〜神社と朱印、ときどき猫と...
2008/05/12 23:54
笑っちゃいけない「大和郡山」を本気で考える!
こんにちは。本日も頑張ってブログ更新しますよ!今日の内容は何かと期待してください... ...続きを見る
大和郡山の驚き最新情報!
2008/05/20 23:04

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
『社務所の反対側...昔の神宮寺である薬園寺とのことで、神仏分離令以前...境内は全く一緒だったそう...』とあるが、正確には反対で明治以前は神社全体が薬園寺の境内で現在の八幡さんはお寺に祭られた鎮守さんであるのが本来です
みった
2010/04/05 17:04

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
薬園八幡神社(奈良県大和郡山市) あらいのじかん〜神社と朱印、ときどき猫と自転車〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる