あらいのじかん〜神社と朱印、ときどき猫と自転車〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 滝山東照宮(愛知県岡崎市)

<<   作成日時 : 2008/11/27 18:13   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

岡崎市街の北東、岡崎総合運動場からちょっと山の奥、青木川を遡った途中の滝仁王門バス停前。
画像
その名の通り、仁王門。滝山寺三門らしいです。

画像
この日は綺麗な紅葉で、これ目当ての方もぽつぽつと見かけました。

画像
仁王門を通っても少し遡ると、滝山東照宮と滝山寺。

画像
こんな感じに神仏習合したまま現存しています。
右の滝山寺寺務所のほうには、宝物殿や納経印もあります。

画像
滝山寺兼滝山東照宮参道は石の階段が結構長め。
社標は『瀧山東照宮』。

画像
大きな建物が鬼祭りで有名な滝山寺。天武天皇時代(673〜)創建という、愛知県屈指の古いお寺。源頼朝の弟が住職を務めたこともあり、代々源氏棟梁に手厚く保護されてきました。
右の小さな建物は滝山東照宮授与所。寺と授与所の間に見えるのが滝山東照宮。無理矢理神仏分離した感満点。

画像
滝山寺の真裏に日吉神社。おそらく滝山寺の鎮守社。
さらに日吉社左の道を進んだ奥には、水体薬師如来と稲荷大明神が祭られています。

画像
滝山東照宮幣拝殿。本殿のほうは有料だったりします(200円)。

神社名:滝山東照宮
鎮座地:愛知県岡崎市滝町字山篭117
御祭神:徳川家康公、合祀・天照皇大神、素盞嗚命、大山昨命、菊理姫命、豊受姫命、奥津日子命
創建:正保3年(1646)9月17日

【由緒】
当宮は人皇百九代御光明天皇の御字正保元年(1644)将軍家光公、酒井讃岐守(忠勝)、
松平右衛門大夫(正綱)、青龍院亮盛の三人を召出され、権現様御誕生の地、岡崎城の近所
に御宮観請遊ばされたくし幸い瀧山寺は古跡にして岡崎要害の所権現様御在城の節御信心
の霊地なる故彼地に於て御宮観請遊ばさるべきの旨上意あり即ち松平右衛門大夫を御宮地
見分の為め差遣はされ、正保二年五月五普請を始め同三年九月御宮営を終り十七日に正遷
宮同年十二月十七日神領二百石を寄附せられ・・・・・・・・・云々とあるのが創立の起因である。
御造営の御掛りとしては御老中酒井讃岐守、御見分奉行松平右衛門大夫、寺社奉行松平出
雲守惣奉行竹中左京亮、御大工木原木允、鈴木修理、御小工鈴木三郎右衛門等があたった。
  九月十七日の正遷宮には公方様御名代松平出雲守が御進物として真太刀正恒一振御馬一
匹、三束三巻、御樽一荷、御箱肴両種を、大納言様御名代品川内膳正が真太刀長光一振、御
馬一匹を進献され尾張、紀伊、水戸御三家よりは使者の代拝があり当日の御警固は岡崎城主
水野監物が当った。
  その後寛文十一辛亥年七月(1671)元禄十丁丑年九月(1697)元文二丁巳年九月(173
7)明和元甲申年(1764)天明元辛申年十月(1781)寛永十二庚申年四月(1800)天保四
癸巳九月(1833)の七回に亘り幕府のによって社殿の修理を行うなど将軍家の崇敬殊に深か
った。岡崎城主を始めとして諸大名の献納する石燈篭は境内に林立して往時の崇敬の如何に
篤かったかを偲ぶぶ事が出来る。
  明治維新となるや神仏分離という一大改革に遭遇し創立以来滝山寺が別当職を兼務して来
たのを改めて明治六年四月より神官を補任せられ無格社として存置された。
  大正五年五月に郷中の白山社、日吉社を合祀し村社格となり社名を常磐神社と改め同十年
一月更に稲荷社、若一皇子社、荒神社、神明社の四社を合祀するに及び滝郷の氏神として祭
事を奉仕する事となった。昭和二十八年十一月に本殿はじめ五棟、石鳥居、石柵、銅製燈篭等
が国の重要文化財に指定せられる事となり翌二十九年八月十七日に旧社名の滝山東照宮に
復称した。
  天保四年より百三十余年の永き歳月、風雨に荒廃した社殿も今度文化庁の指導のもとに昭
和四十四年七月より四十六年九月に亘り総額5,125万円の巨費を以って復元の大修理を行
った。(由緒書より)
滝山東照宮の頁から無断転載】

同じ由緒書(有料)持ってるけど書き起こすのが面倒なので。
新しい神社なので創建の年月日まではっきりしています。
参道などの石灯籠には、どこかで見たような名前があちこちあります。

画像
社殿の大きさは久能山や日光と比べるまでもないですが、その飾りは極彩色そのもの。

画像
花崗岩の手水鉢。「東照大権現」と刻まれています。

画像
滝山東照宮御朱印。宮司さんは徳王神社兼務で、こちらには普通のお兄さんが詰めていました。御朱印は半紙。

画像
季節によっては途上の青木川に鯉のぼりが。

画像
そして滝山寺三門。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
滝山東照宮(愛知県岡崎市) あらいのじかん〜神社と朱印、ときどき猫と自転車〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる