あらいのじかん〜神社と朱印、ときどき猫と自転車〜

アクセスカウンタ

zoom RSS おちょぼ稲荷故里の宮(愛知県丹羽郡大口町)

<<   作成日時 : 2008/12/15 00:00   >>

ナイス ブログ気持玉 11 / トラックバック 2 / コメント 0

地図を見ていたら尾張北部に「お千代保稲荷」という文字を発見。おちょぼさんというと、岐阜の千代保稲荷千種区の千代保稲荷名古屋分所だけだと思ってましたが……。気になったのでサイクリングを兼ねて現地に行ってみた。

画像
現地着。すごく田園です。
東どなりは小さな公園。

画像
やっぱり「おちょぼ稲荷」。

画像
神社名:おちょぼ稲荷故里の宮
鎮座地:愛知県丹羽郡大口町二ッ屋1-21
御祭神:おちょぼ稲荷大明神
社称:宗教法人おちょぼ稲荷故里の宮
創建:昭和43年5月23日
例祭:9月下旬の休日
月並祭:12日午前

【由来】
今より二百四十有余年程前、この付近は人家も少なく、従って道行く人もまばらで、森林がうっ蒼と生い繁り、昼なお薄暗いところがあったと想像されます。これがため各地に狐や狸が住みつき、里人達を困らせていたようです。
仲でも小牧山の吉五郎、楽田青塚の王畦畔狐など、名のある老狐でありました。ここ二ッ屋に住む老狐(おちょぼ)はまことに不思議と聡明で、優れた奇才を顕わすので、里人は大変恐怖を抱いていたと伝えられています。
犬山市五郎丸の代々庄屋を勤めておられた中村さん方の古い記録によると、「大法士恵珍」という六部(山伏)さんがあって、二ッ屋におちょぼという老狐が住み、奇特な振舞いをするので、里人が恐れをなしていることを知り、六部さんは或る日この老狐に懇々と因果を含め、延享四年(一、七四七年)正月十二日西濃の住みよい所に連れて行かれたと記してあることを知りました。
この二ッ屋に古老から伝わる話と、この記録が丁度一致しています。明治初年頃までは、小高い林生の塚があって、おちょぼ塚と言っていました。
その後道路の修理用にこの塚の土砂を利用していたが、明治二十三年に塚全部を取り毀したところ、その主宰者は、重き眼病に侵され医薬の効なく失明の寸前になって易者の占いから、この塚の取り毀しをした「タタリ」とわかり、直ぐに西濃須脇のお千代保稲荷様えお詫びに参詣したところ、数日を経て全治をしたという。
その後も組内に変事が発生し、数年の間に多数の人が他地方に転住するなど、人心が動揺して、一時この塚の復元説もありましたが、日清・日露の戦役など多難な時代であったため、遂い忘れられてしまいました。
昭和三十九年二ッ屋開村三百五十年に当り、記念碑の建立協議の頃、修行者御岳教のお座に、須脇のお千代保稲荷様が度々降神になり、ふる里が懐しいと語られたことを地元の者が知りました。これは何にかの霊験であろうと悟り、組内一同に相談し復元の協議が纏まり、同年九月吉日塚の跡にふる里の碑を建立しました。即ち二ッ屋字二、一六九番地であります。古い地図によると一〇〇坪程が草生の地目でありました。
その後、お社頭を祀れとの声が起き、昭和四十三年四月社殿を「戌亥」の方位から求め、台座を補強して同年五月二十三日の大安の佳き日に御鎮座式を厳かに斎行しました。
以後月を追って参拝者も増加し、組内各位から敷地の寄付を受け拡張をしました。
昭和五十六年末頃、崇拝者の発意により各方面から多額の浄財を御寄附いただき、社殿・拝殿の新築境内整備を含め、第二次の拡張工事を完成し、昭和五十八年二月十二日の命日を卜して盛大なる竣工式をいたし今日に至っています。
この上は、須脇御本祠の繁栄とその御加護を祈ると共に、故里の宮の益々神徳昂揚を希うものであります。
    「年を経て恋懐かし故里を 万世までも守りましませ」
 祭典行事
   元旦祭 元日午前零時より 商売繁昌家運隆盛祈願祭
   初午祭 旧暦初午日直前の休日斎行
   秋大祭 九月下旬の休日 おちょぼ稲荷講員の特別祈願祭
   月並祭 御命日十二日の午前


老狐の話などはもう物語の世界ですね。
由緒には「おちょぼという老狐」とありますが、これは老狐が西濃に去ったことから後でそう呼ばれるようになったのかもしれません。
近代に創建した神社として、色々興味深いものがあります。

あと、手水舎の前に仏像が置かれていたのですが、取り忘れました。何だったかな……
御嶽教の関連か何かでしょうか。

画像
社殿前の池には鯉。この多さはきちんと管理されてる証拠でしょう。

画像
重軽石と名刺入れ? 両方置かれているのは千代保稲荷名古屋支所と同じですね。

画像
右は本殿。左は「眼病の神」と書かれてあります。由緒にあるタタリから祭られているのかな。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 11
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
小牧山稲荷神社(愛知県小牧市)
おちょぼ稲荷故里の宮の由緒に小牧山の狐の話がありましたが、そういえば小牧山のお稲荷さん行ったっけ?と画像を調べたらありました。 ...続きを見る
あらいのじかん〜神社と朱印、ときどき猫と...
2008/12/16 03:35
割狐塚稲荷神社(静岡県駿東郡長泉町)
JR御殿場線下土狩駅近くに稲荷神社があるよ! 三島駅から自転車で走り、上土狩まで行っちゃっておじいさんに道を尋ねたのは秘密。 ...続きを見る
あらいのじかん〜神社と朱印、ときどき猫と...
2009/08/13 12:34

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
おちょぼ稲荷故里の宮(愛知県丹羽郡大口町) あらいのじかん〜神社と朱印、ときどき猫と自転車〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる