あらいのじかん〜神社と朱印、ときどき猫と自転車〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 桃太郎神社(愛知県犬山市)

<<   作成日時 : 2008/12/21 14:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

まずはこれを見てくれ。

画像
こいつをどう思う?

いやごめん。
聞かなかったことにしてくれ。


犬山市側の木曽川をさかのぼると飛騨木曽川国定公園内に入り、そこには犬山市民憩いの場『桃太郎公園』があります。
広い駐車場と売店やキャンプ場などもあり、休日は結構な人がいます。

画像
その公園内に鎮座するのが桃太郎神社

境内には桃太郎伝説を模した桃太郎一行や鬼の像が点在。

画像
鳥居も桃型。

神社名:桃太郎神社
鎮座地:愛知県犬山市栗栖字古屋敷
御祭神:大神実命
例祭:5月5日(こどもの日)

【由緒】
 古事記に伊弉諾尊が黄泉国(死の国)から逃げ帰るとき、死んだ妻の伊弉冉尊さしむけた黄泉醜女という悪魔に追いつめられたが、そこに大きな桃の木があり沢山桃がなっていたので、それをちぎってつぎつぎと三つ投げつけたところ、悪魔は急に力を失い退散した。伊弉諾尊は桃に向い{いま私を助けてくれたようにこれから後も我が国の人々が憂瀬に落ちて苦しむ時には助けてください」と仰せられて、大神実命という御名を賜ったとある。桃の霊力をあらわした最初の説話である。犬山市の木曽川沿岸に桃太郎誕生地伝説があり、鬼退治をした桃太郎はこの桃の実から現れた大神実命である、とつたえられ桃太郎神社の御祭神となっている。神社から0.5kmほど奥の桃山は桃太郎が最後に姿をかくしたところと伝えられ太古からこの山をご神体として仰いできた。その麓にある磐座は祭祀が行われた場所である。現在はメンヒルと呼んでいるがこうした遺跡は山をご神体とした最も古い信仰の起源を物語るものであると云われている。
 桃太郎神社はこの桃山から昭和五年に現在地へ遷座され子供の守り神として広く崇敬されている。
【由緒書より転載】


そんなわけでこの地域には、犬山、猿洞、雉ヶ棚、今渡、鬼ヶ島、勝山、坂祝、宝積寺といった桃太郎伝説の物語にまつわる地名があるわけです。

画像
桃太郎神社御朱印。
一緒に犬の御守りをお受けして、うちの犬が装備しています。

境内には宝物館などもあります。
が……旧宝物館が放火されて貴重な宝物類も焼失してしまったそうです。

画像
改心した鬼。
他にも色々なものがあります。
とんなものか知りたい方は検索なりWikiなりで。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
でら!笑える(^◇^)
桃太郎神社!聞いてはいましたが映像は初めて見ました
どひゃーですね! ケケケケ!!!
もこりん
2008/12/21 23:16
しかも、画像には人が写っていませんが、周囲は結構な人ですから。
境内で子供が遊んでるし、地域に親しむ神社の良い姿とも言えます。
新井
2008/12/24 20:47

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
桃太郎神社(愛知県犬山市) あらいのじかん〜神社と朱印、ときどき猫と自転車〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる