あらいのじかん〜神社と朱印、ときどき猫と自転車〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 大須春日神社(愛知県名古屋市中区)

<<   作成日時 : 2009/04/16 00:54   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 1 / コメント 3

画像
名古屋は大須、上前津交差点を西へすぐのところに鎮座しています。
一般的には神社は銀行と銀行の間に、オタク的にはペーパームーンの裏と言えば通じるのでは。

画像
鳩のたまり場。
都会にあって人が少なく、猫の気配もなく、水や砂もあったりする神社は鳩の楽園みたいなもの。

画像

神社名:春日神社
鎮座地:愛知県名古屋市中区大須3丁目6-34
御祭神:武甕槌命、経津主命、天児屋根命、比売神
創建:天暦2年(947)
神紋:下がり藤に蔓
社格:旧郷社
例祭:10月19日
月次祭:毎月1日
宮司:岩田武一

【由緒】
  大須 春日神社(かすがじんじゃ)
 この神社は、今から千年以上も前の天暦二年(九四七)に春日大社の四柱をお迎えして造られました。そのむかし、奈良の春日大社が造られたとき、常陸国(いまの茨城県)鹿島神社から神様を大和国(今の奈良県)春日山にお迎えする途中、この地でお泊まりになったことに由来します。
 十六世紀の初めごろ、ここを氏神さまとした前津小林城の牧与三衛門尉長清によってお社や境内が整えられました。また、代々の尾州藩主の崇敬を受けて数々の宝物が寄進されましたが、いくたびかの火事で焼失してしまいました。
 第二次世界大戦下の昭和二十年(一九四五)三月、空襲でご本殿をはじめすべてが焼けてしまったので、昭和三十三年から三月の年月をかけて現在の建物が造営されました。

お祀りされている神さま
 武甕槌命(たけみかづちのみこと)
 経津主命(ふつぬしのみこと)
 天児屋根命(あまつこやねのみこと)
 比売神(ひめがみ)

 このお宮の神さまは、常陸から大和への長い旅をされたことにちなんで、旅の安全を守る神さまだと言われています。

  宮司さんに質問します
Q.お祭りはいつですか?
 A.十月十九日が大祭で、春日大社から「奉幣使(ほうへいし)」というご使者がいらっしゃいます。また、二月三日には節分蔡、七月二十五日には厄除神事の赤丸と輪くぐりが行われます。

Q.横の小さなお社は何ですか?
 A.末社の天王社です。建速須佐之男命(たけはやすさのおのみこと)をお祀りしています。

Q.お宮のマークは何ですか?
 A.社紋は「下がり藤に蔓」です。

Q.どうして赤い建物なのですか?
 A.春日大社を模したもので、丹塗りの春日造りといいます。一間社と切妻屋根の本殿が特徴的です。また、正面から見る楼門と回廊は、まるで赤い鳥が羽をひろげたようです。

ありがとうございました。
【大須春日神社由緒書より転載】

当社は創立の起源は称徳天皇の御宇神護景雲年間奈良春日大社創祀に際し常陸国鹿島神宮の御祭神武甕槌命の御神霊を大和国春日山に御遷座の途次当尾張国山田庄(現社地)に御假泊あらせられたるに因み天暦二年時の郡司藤原某南都春日野を模して春日四柱大神を奉祀したものである
その後文亀年間前津小林城主牧与三左衛門尉長清(正室織田信長の妹)の崇敬を受け牧氏退転の後尾州藩主も亦代々崇敬の誠を捧げ殊に二代徳川光友公の母君乳の疾に惱まれし折神木椎の木を採りて祀られ平癒しその頃より婦女はこの木を崇め何時の頃よりか変じて産の守となった惜しくも戦災の為椎の木は焼失した現在当市中央の地にあり氏子数四千余戸を擁す
【社頭由緒より転載】

春日大社創建に由来する神社のひとつ。ここから伊勢を通り大和へ行ったようで、桑名にも似た由緒を持つ桑名宗社春日神社があります。
尾張牧氏の話は同じ大須の三輪神社でも見ましたね。牧氏は足利氏一門の斯波氏族で、長清は織田信長の妹を娶り、父・長義は織田信秀の妹を、祖父も織田氏から娶ったという名家です。

画像
大須春日神社御朱印。「自分で押してください」とのことで、印をお借りしてがんばって押印。
普段はお留守ですが、近所の企業からのお供えや習い事があったりすので、時々居られるようです。拝所左手にインターホンもあるので、押せば来てくれるかも。

境内社は拝所左手に。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
針名神社(名古屋市天白区)
名古屋市の東端に位置する天白区のさらに端。地下鉄平針駅から名古屋市農業センターへ行く途中に鎮座しています。旧飯田街道と言うと判る方もいるかな。 ...続きを見る
あらいのじかん〜神社と朱印、ときどき猫と...
2009/07/16 19:58

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
行きました(^◇^)
神主様とのやり取りがすごーーいい!新井様!
お話し上手でうらやましい
手の痛い神主様に印をお借りして押してきましたがそんなお話を聞くことすら出来なくて・・・ヨヨヨ 
根性なしの自分がうらめしい(>_<)
もこりん
2009/04/17 00:13
『宮司さんに質問します』は、頂いた由緒書の中身をそのまま転載したもので、私が質問したわけではないです
なので私も根性なしですよ(´・ω・`)
新井
2009/04/20 20:12
こんにちは。
今日行ったら「やっていない」と言われました(T_T)
レン
2013/04/11 10:52

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
大須春日神社(愛知県名古屋市中区) あらいのじかん〜神社と朱印、ときどき猫と自転車〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる