あらいのじかん〜神社と朱印、ときどき猫と自転車〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 二川伏見稲荷(愛知県豊橋市)

<<   作成日時 : 2009/07/25 06:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
JR二川駅から旧東海道をふらふらした帰り、あちこち寄り道していて見つけた神社です。
二川神明宮のすぐ裏あたりだったような。

画像

神社名:神道伏見稲荷東洋大教会
鎮座地:愛知県豊橋市大岩町
御祭神:天御中主大神、高皇産霊大神、神皇産霊大神、天照皇大神、豊受大神、稲荷大神
創建:明治43年10月1日
月次祭:毎月1日午前8時

【由緒】
 本教会の設立は初代教長浦野勝雍師に依るが、その渕源は師が京都伏見稲荷大社より御分霊を奉戴した明治四十三年十月一日にある。以来旧豊橋の自宅に布教所を置き教勢の発展に邁進し斯道の研究修業に励んだが、信徒数の増大とともにこの地大岩の里に浄地を求めて教会所を建てたのが昭和二年二月二十三日であり、ここに教会の設立を見たのである。その後二代教長喜雍に引継がれ、戦争敗戦と激動の嵐の中をくぐり布教活動を続けて来たが、参道を横切る新道建設を機に、稲荷大神奉戴六十周年記念事業として昭和四十四年春御神殿を、同四十六年秋結婚披露宴も可能な会務所「伏見会館」を建設し、引き続いて大鳥居も立派に完成した。平成二年には創祀八十年を記念して、境内の諸設備およびお山巡拝路を更に整備して充実させた。
【いなり暦より抜粋転載】

神社、だよね?明治時代に創建した新しめの、しかし尾張猿田彦神社ほど新しくない、神社。
明治時代に何かあった神社には、天御中主大神、高皇産霊大神、神皇産霊大神の造化三神を祀ることがあるけど、こちらもその関係かな。

ああ、本殿を撮影し忘れて画像がありません。

画像
二川伏見稲荷御朱印。
一緒に暦も頂きました。ありがとうございます。

画像
境内一覧。
伏見稲荷大社も結構な巡拝路があったっけ。

【境内社】
摂社・御社宮司社:御社宮司大神
龍神社:宇迦之御霊日下部明神 別号白姫龍神
雄健霊子命神社:雄健霊子命
印章神社
お塚・親塚六社:六神

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
二川伏見稲荷(愛知県豊橋市) あらいのじかん〜神社と朱印、ときどき猫と自転車〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる