あらいのじかん〜神社と朱印、ときどき猫と自転車〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 鴫野八劔神社(大阪府大阪市城東区)

<<   作成日時 : 2009/09/09 20:51   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
大阪の鴫野駅から東へ歩いて400mほどのところに、この地方ではめずらしい八剣神社がありまして。阿遅速雄神社のある放出駅のひとつとなりなので歩いて行けないこともないのかな。

画像
正月の余韻が残っていました。

画像

神社名:八劔神社
鎮座地:大阪府大阪市城東区鴫野東3-31-8
御祭神:八劔大明神
創建:応永三年(1396)9月22日
神紋:右三つ巴
例祭:10月21日・22日
月次祭:毎月1日・15日

御祭神は、中御座、北御座、南御座と分かれて祀られているそうで、
 中御座:八劔大明神
 北御座:武速須佐雄大神、(相殿)竒稲田姫大神、八頭大神
 南御座:罔象女大神、(相殿)天照皇大御神、春日大神
となっています。

【由緒】
応永の始め、鴫野村の住民某がある夜夢を見た。その夢枕に一人の老翁が現れ、「吾はこれ熱田の神なり。跡をこの地に垂れんと欲す。明日汝等出でて吾を淀川の河辺に迎うべし」と告げたので、翌日村人十数人を呼んでことの次第を語ったところ、自分も同じ夢を見たと云う者が十人余に及んだ。そこで一同は各々衣服を改めて河辺に出迎えると、果たして一ぴきの小蛇が河中に現われ、まっすぐこちらに向かって来て、やがて岸に上がった。その様に悠々泰然たるを見て、村人は畏敬に打たれ、一同相従って行くと、小蛇は川を超え堤を経て鴫野村に入った。
そして、小蛇が留まった所を見て、村人たちはそこに小さな祠を建ててこれを祀った。時に応永3年(1396年)9月22日のことである。(なお、別伝で蛇ではなく、白鳥の伝えもある)
以来、室町、戦国、江戸、明治を経て、大正4年天王田村の氏神八坂神社と永田村の氏神水神社を合わせ祀って、今日に至る。
平成12年には六百年祭を斎行した。
【八劔神社参拝のしおりより抜粋転載】

阿遅速雄神社関連かと思ったらそうでもないようで。
しかしこの大阪で、住吉でも戎でもなく熱田の夢を見るというのも不思議なことで。阿遅速雄神社のことが頭にあったので、不思議な出来事=熱田を連想したのでしょうか。

画像
鴫野八劔神社御朱印。

画像
境内社のむこうには地車庫。祭には山車が出るんでしょうね。

画像
境内社はこちらと、本殿脇に一社。

【境内社】
野神社:宮地神、鹿屋野比賣命
戎神社:事代主命、大国主命        
幸神社:産霊神、狭田毘古大神、奥津比古大神、奥津比賣大神
辨天社:辨財天女、大楠稲生大明神、楠春稲生大明神

画像
北側に狛犬がたくさん並んでる・・・遥拝所?

画像
隠退記念 十四代目朝日山四郎右衛門 大正十一年二月一日とあります。
朝日山部屋の当主の名前のようですね。

画像
昔は東海地方以外にも結構あったのかな、八劔神社。今思い当たるのは諏訪湖の八劔神社と、京都にあったという桂八劔社くらいでしょうか。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
鴫野八劔神社(大阪府大阪市城東区) あらいのじかん〜神社と朱印、ときどき猫と自転車〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる