あらいのじかん〜神社と朱印、ときどき猫と自転車〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 大鳥大社(大阪府堺市西区)

<<   作成日時 : 2009/09/15 21:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

画像
鳳駅から北へ、道には「熊野街道」と書いてありました。ああそっか、四天王寺から阿部王子神社を通る熊野参詣道がここなのね。

画像
かつての熊野道に面しで西向きに参道があります。

画像
途中の絵馬殿。大鳥山と大鳥宮の扁額?や各種絵馬が掲げられていました。

画像
日本武尊像キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!
こんにちは、草薙神社以来ですね。

画像
拝殿前。社殿は南向き。
画像がナナメってるのは私の仕様。

画像

神社名:大鳥大社
鎮座地:大阪府堺市西区鳳北町一丁目一番地
御祭神:日本武尊、大鳥連祖神
創建:景行天皇御宇
神紋:鳳凰
社格:式内社名神大、旧官幣大社、和泉国一宮
例祭:8月13日

【由緒】
一、由緒沿革

 当社は醍醐天皇延喜式神名帳所載の名神大社であり、月次新嘗の官幣に預かり、和泉国の一の宮として、歴代皇室の御尊崇極めて篤く殊に防災雨祈の御祈願社八十五社の一であって、屡々臨時奉幣に預かり、御神階も清和天皇貞観三年七月には従三位に叙せられ、後正一位に御昇階になりました。
 御祭神日本武尊様は景行天皇の第二皇子で、その武勇は広く知られているところでありますが、社伝によりますと日本武尊が東夷御征討の帰途、俄に病にお罹りになり、伊勢国能褒野に於て薨去遊ばされ、その御屍は白鳥と化して飛び去り給い、最後に当所に来り留まられましたので、社を建立して尊様をお祀りしたのが当社の起源であって今から約一、八五〇有余年前であります。
 叉、大鳥連祖神様は、此の和泉国に栄えた神別であられ大中臣と祖先を一にする。大鳥氏と言う部族の先祖をお祀りしたもので、新撰姓氏録には天児屋根命を祖先とすると伝えられて居ります。当社は明治四年五月祭神日本武尊として官幣大社に列格になりましたが、明治九年一月天覧に供しました官社祭神考証に於ては、祭神大鳥連祖神とせられ、明治九年以来この説が公のものとせられていたので、爾来当社歴代の宮司は度々御祭神の御変更方を禀請致しましたが、ついに明治廿九年十月三日付を以て、「上奏相成候官社祭神考証に於て大鳥連祖神と確定相成居候条左様御承知有度」との時の内務省社寺局長の通達回答がよせられて、当時としてはこれ以上は神社側の主張を通す方法はなかったのでありましたが、偶々昭和三十二年六月廿八日付にて、祭神日本武尊増祀の御允許を得ることとなり、茲にに御祭神に関する問題も決裁し日本武尊様を主祭神とする弐座の御社となり、御神慮に御応え申すことが出来たのであります。
 御祭神の御神徳は文武の神として、累代の武家の崇敬が篤く、平清盛、同重盛父子が熊野参詣の途次、当社に祈願し、和歌及び名馬を奉献したのを始めとして、織田、豊臣、徳川の三武将も社領の寄進、社殿の造営等を再度に亘って奉仕して居ります。叉、聖武天皇の御宇には、僧行基が勅願を奉じて、この地に勧学院神鳳寺を建立しましたが、明治維新の神仏分離によって廃寺となりました。

一、社殿

 本殿は大鳥造と申しまして、神社建築史上一種の様式を保っており、その構造は出雲の大社造に酷似しており、切妻造、妻入社殿で出雲大社に次ぐ古い形式を今日に伝えております。
 社殿は天正年間の兵乱によって炎上し、慶長七年豊臣秀頼によって再興せられましたが、更に寛文二年には徳川家綱の命によって堺町奉行石河土佐守の手によって再建され、明治三十五年には特別保護建造物に指定されましたが、同三十八年八月に雷火の為に再度炎上し、現社殿は明治四十二年に従来の形式通りに再建されたものであります。
 昭和九年国費で御屋根替、更に昭和三十六年御祭神日本武尊御増祀の為、造営奉賛会の手に依って内部の模様替と原型解体に近い大修理が行はれました。
【大鳥大社由緒略記より抜粋転載】

その他、色々なことは玄松子の記憶さんや延喜式神社の調査さん参照のこと。
日本武尊が白鳥となりこの地に留まられたたことから創建されたのですが、白鳥御陵は誉田のほうにありますよ。
御祭神の日本武尊と大鳥連祖神の関係は、阿遅速雄神社の阿遅鉏高日子根神と草薙御神劔御神霊の関係と同じかもしれませんね。祖神を祭る場所に皇族系の神が合祀された感じで。

画像画像
大鳥大社御朱印。摂河泉神詣御朱印帳に頂いてみました。

画像
境内東側に境内社。

【境内摂社】
美波比神社:天照大神、(相殿)菅原道真公、他七柱合祀
境外・大鳥北濱神社:吉備穴戸武媛命
境外・大鳥濱神社:両道入媛命
お旅所・大鳥井瀬神社:弟橘姫命

吉備穴戸武媛命は景行天皇の妃、両道入媛命と弟橘姫命は日本武尊の妃。
本社と摂社四社をあわせて大鳥五社明神と呼ばれるそうです。

画像
由緒にある、平清盛・重盛親子参詣の碑。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
タイトルの内容と全く関係ないんですが。

名東区の猪子石神明社(引山バスターミナルの近く、釣具のイシグロ裏)
御朱印あります。去年のお正月に頂きました。

日吉神社、藤森神明社には御朱印は「ない」そうです。


○おまけ
とりあえず、自分の知っているところだけですが。

長久手町

有り→景行天皇社、石作神社(岩作神社)
なし→御嶽神社、富士浅間神社

尾張旭市

なし→一之御前神社、渋川神社、本地ケ原神社

あらいさんのブログが自分の収集のヒントにもなったので、
何かお礼できたら良いなと思って、書き込みしました。
余計なお世話だ、ゴルァ…、だったらごめんなさい。

2009/09/20 11:48
情報ありがとうございます。
猪子石神明社にありましたか。地図を見直したら、その手前の和示良神社・猪子石神社までしか行ってませんでした。
石作神社は施設の整った神社でしたが、お参りした時には不在で確認できていませんでした。
余計なお世話なんてとんでもない。地元の方だからこそ掴める情報はとてもありがたいです。
私の知らない情報がありましたらまた教えてください。
新井
2009/09/24 07:17

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
大鳥大社(大阪府堺市西区) あらいのじかん〜神社と朱印、ときどき猫と自転車〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる