あらいのじかん〜神社と朱印、ときどき猫と自転車〜

アクセスカウンタ

zoom RSS ぶらり出雲路の旅 三日目

<<   作成日時 : 2011/07/05 15:10   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

二日目の続き。
この日も8時前に起きてしまったので、また自転車を借りて米子探索。

ん……米子は観光地ではないのか。松代では街のあちこちに地図板が立ってて探索に困らなかったのだけれど、米子ではそれらしきものが見つからず迷いかける。米子駅を見てみたものの情報を得られず。
画像

神社は一社だけ発見。ほぼ勘。
賀茂神社天満宮。このあたりでは最古とのことで、鴨氏がここにも定住したのだろうか。
戦国時代頃、野田翁次郎さんが祈願したところ、八十八歳で子供を授かったという。だから米子。じいちゃん元気だねぇ。

画像
とりあえず米子にいるのだし、と式内粟嶋神社。江戸時代に周辺が干拓されるまでは渡し船に乗って参拝したという。

画像
朱印帳を授与所で預け、結構な石段を登ってプチ汗かき。

画像
お参り。
石灯籠に因幡の白兎。

画像
これはいい景色。この島より出雲大社を遥拝したというのも納得。

画像
境内はほどよい苔具合。
随神門の右に伊勢神宮遥拝所。

画像
能義神社で見た神名が刻まれた石塔が。ひとつは石灯籠。
授与所で宮司さん(たぶん。普段着だったので)に御朱印をいただき、少しお話ししてから出発。
近そうなのでとなんとなく来たのだけれど、いい神社でした。

そろそろ通勤ラッシュも落ち着いたかな?と、朝食を食べられそうなお店を探しつつ名和へ。
画像
飲食店に遭遇しないまま名和神社着。

画像
名和長年さんにご挨拶。茶色くない松ぼっくり!

名和神社にて建武中興十五社の本に御朱印をいただく。宮司さん(名和さん!)に近辺の名和氏史跡のことなど、色々な話を聞けた。
こちらでも御籤を引いてみた。私だけ大吉でした(*´ω`*)

画像
宮司さん情報に従い、近隣の史跡へ。程なく名和氏菩提寺の長鋼寺着。

画像
長鋼寺のわんこ。人懐っこく、もふもふ。もふもふ。

画像
もふもふを監視する猫。

画像
もふもふ追加。

画像
もふもふ追加2。

画像
長鋼寺裏山の名和一族郎党の墓。これでも全体を写しきれていません。

画像
すぐ近くの氏殿神社。名和神社以前はこちらに祀られていたとのこと。
近くに名和氏館跡の石碑、名和氏が弓の的にしたという的石もあります。

画像
神社方面へ少し戻って、名和長年と二子の墓。

画像
海へ向かうと、隠岐から脱出した後醍醐天皇の上陸地にある腰掛けの岩。
ついでに漁港で鮮魚を眺めたり、道の駅でまた何か買ってるうちにもうお昼。帰りも7時間ほどなので早々に出発であります。

画像
大山は今日もくもり。

画像
行きに仮眠した蒜山SA。「ひるぜん〇〇」ものが大量に売られている、商魂たくましいお店です。
そういえば朝食食べてないし…と、こちらのレストランで食事。数ある定食の中、どうみても浮いて…大いに目立つ「ハイウェイバーガー」なるものが。そして二人とも注文。ネタに弱いのです。

画像
でかいよ!直径30cm弱でしょうか。具はハンバーグではなく、ジンギスカン半分、ベーコン半分の配分。高原だからか!

画像
……朝食食べてたら残していたかもしれない。実際、同じものを注文した先客はお持ち帰りされていた。1個注文して二人で食べ、外でなにかつまむのが丁度いいかもしれない。

あとは腹が膨れたので美作で仮眠したり、あいの土山でカップヌードルごはんを買ってみたりしながら自宅まで送って頂く。ブサイク王様ありがとうございました。

王「忘れ物ねーか?」
私「ないよ!」

ごめんガス代と高速代払うの忘れてた。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは☆
のどかで良い所ですね〜
ワンちゃんも猫ちゃんも可愛いですね^^
トイプードル
URL
2011/07/05 15:27

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ぶらり出雲路の旅 三日目 あらいのじかん〜神社と朱印、ときどき猫と自転車〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる