あらいのじかん〜神社と朱印、ときどき猫と自転車〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 熊野那智大社別宮飛瀧神社(和歌山県東牟婁郡那智勝浦町)

<<   作成日時 : 2011/09/09 23:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

画像
熊野那智大社きたよー!
那智といえば瀧だよね!という感じで先に那智大瀧へ先に。
石畳と木立の中を進むと。

画像
人沢山。GWなのでしょうがないね。

画像
参道に謎の石…光ヶ峯遥拝石とのこと。
神武天皇が熊野に上陸したのち、謎の光に導かれて大瀧を発見したという伝説から、峰の山頂にも社殿を建て祀られているそうです。が、とても登れそうにないのでここからお参りを。

画像
御神体の那智大瀧です。
社務所や遥拝所はありますが、本殿・拝殿は存在しません。

神社名:飛瀧神社(ひろうじんじゃ)
鎮座地:和歌山県東牟婁郡那智勝浦町那智山
御祭神:大己貴神
創建:不詳
神紋:右三巴
例祭:7月14日

有名どころなので由緒もろもろは公式サイトやGoogle先生で。

紀伊半島に多く残る自然信仰が神道や仏教により聖地化され、そのまま残った感じでしょうか。

ちなみに大瀧手前の拝所までは無料、奥の那智御滝拝所は300円が必要です。

画像
滝口をズーム。水が3つに分かれているので、この日の水量は普通かやや少なめと思われます。
毎年7月9日と12月27日にこの注連縄の張替える神事が行われます。
しかし先日の台風で注連縄がちぎれてしまいました。こういう場合は張り直すのでしょうか?それとも次回までそのまま?

画像
滝壺。崩れ落ちた岩で埋まっています。
昔はもっと落差があった、と南方熊楠さんも言っていたので、往古はもっと壮観だったのでしょうね。
明治時代に上流の原始林を伐採した影響で崩れ落ちた、なんて話もありますが。

那智大瀧の他にもこの地域に数多くの滝があり、総称して那智四十八滝とも。おとなり三重県にも赤目四十八滝がありますけれど、本当に48カ所の滝があるのかは不明。

画像
拝所から帰る途中に那智山青岸渡寺の建物が…と思ったら那智大社の祈願所でした。
那智大滝御祭神大己貴命、同本地仏観世音菩薩、山伏修験道開祖役小角行者、大滝守護不動明王が安置されています。
かつて花山法皇、弘法大師、傳教大師、一遍上人、文覚上人もここで滝行をされたとのこと。
ここで神道護摩木か絵馬札に願いを書き入れ奉納すると、毎月18日の権現講祭にお焚き上げされます。

画像
社務所で御朱印を頂く。頂く人も多いので、専業の方に書いていただきました。
ほか、授与所で那智大瀧の手ぬぐいを。タオルより手ぬぐいのほうがなんとなく惹かれる。

画像
熊野那智大社前から那智山青岸渡寺三重塔と那智大瀧を望む。
ここまで結構な上り道でした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
那智山青岸渡寺(和歌山県東牟婁郡那智勝浦町)
那智山青岸渡寺への入り口はこちら! ...続きを見る
あらいのじかん〜神社と朱印、ときどき猫と...
2011/09/10 00:06
熊野那智大社(和歌山県東牟婁郡那智勝浦町)
熊野古道大門坂を上り ...続きを見る
あらいのじかん〜神社と朱印、ときどき猫と...
2011/09/12 23:26

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
熊野那智大社別宮飛瀧神社(和歌山県東牟婁郡那智勝浦町) あらいのじかん〜神社と朱印、ときどき猫と自転車〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる