市比賣神社(京都市下京区)/菊姫稲荷社

京都ぶらり集合時間前に駆け足で回ってきました編その4。
若宮八幡宮から京都駅へ戻る途中に立ち寄れそうな神社が二社あるので、そちらへ向かう。
国道一号線を西へ、鴨川にかかる五条大橋を渡ってすぐの、河原町五条交差点を南へ。少し行ったところにある脇道を入ったところに、市比賣神社を発見。ちょっとわかりにくい場所にある。(マピオン

画像
市比賣神社/いちひめじんじゃ/京都府京都市下京区河原町五条下ル一筋目西入/祭神:多紀理比賣命、市寸嶋比賣命、多岐都比賣命、神大市比賣命、下光比賣命/創建:延暦14年(795)

神社は北向きで、マンションの一階に鎮座しているようだ。コンクリート造りのところはよくあるけれど、テナントっぽくあるのは初めて。おそらく神域にマンションを建て、その収益を維持費に充てているのだろう。

画像
祭神がすべて女性の神様であることから女性の守り神とされ、「女人厄除け」の神社として全国から参拝に来るそうだ。この日も女性がお祓い?を申し込んでいた。受け付けていた授与所の方はヒゲのお兄さん(笑
また市場や商売の守護神ともされている。津島神社境外社に市神社があるが、素戔嗚尊はこちらの五女神全員の関係者だから当然か。七宝町あたりにもあったような。

女人守護のひいな祭は三月三日、市場守護の京都中央市場祭りは春祭が四月十六日、秋祭は十二月十一日。春季大祭は五月十三日、秋季大祭は十一月十三日。六月三十日にひとがた流しという神事が行われるようだ。

画像
天之真名井(あめのまない)。洛陽七名水のひとつで、水を汲みに来る方もいるそうだ。

ちょと約束の時間が近かったので、あまり撮影していなかった。もっと詳しく知りたい方は、こちらの京都人ブログさんをご覧下さい(といいつつ丸投げしてみる)。

境内社は摂社・植松稲荷社とあとひとつメモしきれていなかった。水霊殿?

画像
御朱印。帳面をめいっぱい使って書いて下さった。かなりお気に入り。

このあと、もうひとつ立ち寄れそうだと思い「文子天満宮」へ向かったのだけど、路傍の案内板に従い歩いたつもりが迷ってしまい、時間になってしまったので断念。リベンジしてやる!

画像
その最中に見かけた菊姫稲荷社。稲荷だけど狐はいない様子。白山神社の菊理媛神(白山比咩大神)と混合した?とか思ったり。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 市比賣神社に初詣

    Excerpt: 女人守護、市場守護で有名な 市比賣神社に参拝です。 京都は名水が多いことでも 有名ですが そのひとつが こちらにある 天之真名井(あめのまない)です。 皇族誕生の際には、.. Weblog: お食い初め★ネット(百日祝) racked: 2007-01-09 16:57
  • 一姫神社/和志取神社(安城市柿碕町)

    Excerpt: 旧東海道を通って安城市から岡崎市へ入る手前、柿碕町に気になる神社があったので、そっちに行ってみた。 Weblog: あらいのじかん~神社と朱印、ときどき猫と自転車~ racked: 2007-09-11 21:02