金山神社(名古屋市熱田区)

画像
金山神社/金山彦命、配祀:金山姫彦・石凝姫命・天目一筒命・天津真浦命/応永年間(1394年~)/11月8日

名古屋第2のターミナル駅、金山駅の南口を出てスクランブル交差点を渡り、次の交差点から西を見ると看板が見えると思う。地名の金山の由来となった神社。熱田神宮の鍛冶職の尾崎氏が(おそらく南宮社より)勧請した。当初は熱田神宮の境内社。尾張鍛冶の発祥の地らしい。今は都市化が進んでしまい、鍛冶の音は聞こえないものの、19号線に刃物店があったと思う。

画像
御神木。根本の囲いにはたくさんの絵馬が結ばれていた。
境内はあまり広くない。社務所が貸会議室?会館?になっている。

画像
神楽殿。

画像
境内の常夜燈(右)。

画像
天なんとか年?に寄進されたものらしい。

画像
常夜灯(左)。文永四年?だったら1267年になってしまい、重文級なので違うとして。安永(1775年)、宝永(1797年)、古くても大永(1524年)か。

到着したときちょうど神事の最中で、宮司さんが本社と境内社を遙拝するのを、まったりしたり撮影したり末社を参ったり蚊に刺されたりしながら待つ。
画像

金山神社御朱印。まんなかが左に傾いてしまい、注意していたら下が右に傾いたのだろうか。

画像
2009.10.2御朱印追加。

由緒を頂こうとしたが、印刷機が壊れていて今はないそうだ。11月8日には「ふいごまつり」があるのでまた来てください、と上手く宣伝されてしまった(笑。
関係ないけどこちらの金山神社のかなまら祭りがちょと気になる。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 8

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

キャラ君
2020年04月10日 15:29
2020年4月11日(土)は金山神社の龍神神社の祭礼があるそうです。
この日は、いままでなかった龍神神社のご朱印が初めて出されるそうです。昇り竜をイメージしたご朱印との情報を得ましたので、さっそく明日もらいに行ってきます。
ある有名な書家の方の監修によるものだそうです。

この記事へのトラックバック