携帯でネットで動画で

前にどうなる地デジ!? で、やっぱマスコミ終わるよなぁ~とかなんとなく思ったのだけれど、じゃあ次はどこがマスコミ的な位置、主要な情報源となるのだろう。

やっぱりインターネット?
もうマスコミがフィルタリング(検閲)できない情報が流れまくってるし、有用な情報ならどんな小さな発信源でも注目が集まる仕組みが整っている。数年前からは定額料金制が基本となり、最近は回線の高速化で大容量データもやりとりしやすくなった。動画を提供できるサイトもYouTubeにとどまらなくなっている。

でも、もうひとつ踏み込むなら、インターネットを利用した携帯電話使用者が、これからの主要な情報源になるんじゃないかな。いやもう文字情報に関しては、すでに2chは携帯からのアクセスがパソコンからのアクセスを越えてしまっているし、とっくにパソコンを越えてるかもしれない。

今の携帯電話はもう信じられないくらい高性能化して、ネット接続やカメラ機能は付いててあたりまえになった。パソコンを持っていてもデジタルカメラを持っている人はあまりいない(と勝手に思う)けれど、携帯はほぼ100%カメラが付いており、通信機能付きカメラでもある。日本中どこでも事件や事故の現場にはほぼ必ず携帯で撮影する一般人がいて、直後の画像だとニュース番組に提供され報道されることがあり、最近は動画で撮影したものも見かける。

動画がニュースに提供されているということは、さらに無数の一般には公開されない、個人の範囲で埋もれてしいる動画もあるはず。ただその動画があったとしても、今は手軽に提供する場所がない。
でも、来年は変わるかもしれない。

YouTube、ついに携帯電話からのムービー視聴が可能に - GIGAZINE

海外で12月初旬に始まるかもしれないという。
あちこちの動画提供サイトは例外なく著作権問題を抱えているけれど、携帯で撮影した動画は個人のものであり、その個人が提供したものならば(倫理上問題がない限り)削除対象にはならない(と勝手に思ってる)。偶然現場に遭遇した一般人が撮影し、その場で編集もなくアップロードすれば、テレビでは報道されない生々しいものが見られるわけだから、携帯やパソコンを問わず閲覧者が殺到するだろう。

携帯動画サイトが整備されてくれば、ニュース性においてマスコミが大きく遅れをとることになる。また今までどおりに自分たちとその協力者に不都合な情報を遮断していけば、公平性においても劣ることになる。文字も映像もネットに奪われてしまえば、テレビも新聞もマスコミもただパソコンや携帯を使えない一部の中高年層だけが見るものになり、ヨン様ブームに乗ってるおばさまたちのような存在になる。


課題は通信料と速度かな。定額料金制もまだ多くはないが始まっているし、速度も上がってきている。だけどADSLでパソコンの通信料をぶっこわしたソフトバンクも、モバイル事業では破壊的競争をやらないらしいし。値下がりはちょっと厳しいかな?WILLCOMに期待してるのだけど。


……と、なんとなく思ったことを書いてみた。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ひとこと
2006年12月01日 16:51
面白い。面白い読みだと思った。うむうむ。

この記事へのトラックバック

  • XPシステムの高速化

    Excerpt: 常にパソコンの全体の状態を監視してファイルに記録し続けているため、多くのマシンパワー Weblog: XPシステムの高速化 racked: 2006-12-16 21:05
  • DivxToDVD:おすすめフリーソフト PC動画ファイルをDVDビデオ形式に変換

    Excerpt: インターネットやYouTubeなどからダウンロードしたお気に入りの動画ファイルをまとめて読み込み、DVDビデオ形式に一括変換が出来てしまいます。つまり、複数の動画ファイルを結合しながらDVDビデオ形式.. Weblog: フリーソフト厳選ダウンロード集!ベクター/窓の杜おすすめフリーソフト racked: 2006-12-27 21:08