想像力の限界

未知の世界や未来を想像するためには、知識・経験・情報・発想を知り、それらを頭の中で掛け合わせる必要がある。その結果として想像が生まれる。

知識と経験と情報と発想を知らなければ想像できない、逆に言えば知らなければ想像できない。掛け合わせる手段を知らなければ想像できない。

知らないことは現実に多く存在する。知らないことを知らないために知る機会が無いことも多いと思う。文化的・地域的・民族的要因による想像力の限界も発生する。

自分以外の人間は、自分の知らないことを想像している可能性がある。自分が想像した結果を自分以外に伝えることで、自分以外の人が自分の知識を元に自分が想像できなかった結果を生み出す可能性がある。

人の想像には多かれ少なかれ願望が含まれる。

知らないことが無い人間はいない。
自分が知らないことを知っている人は想像に余白が生まれる。その分、想像の範囲は広がると思う。


と、無駄なことを考えていた。

グリーンピースとかシーシェパードとかの人は肉や魚を食べないらしいけど、じゃあなぜ草は食べるのだろう。
私は植物も生きていると思う。米とか麦とかリンゴの木も。
動物も植物も、生きているのを殺して食べることには変わらないと思うのだけど。

まぁ、時間の無駄ですね。

知ることも大変だけど、一度知ったことを忘れられないのも大変だと思う。
取るに足らない出来事を全て覚えていたら、その中の大事な記憶が埋もれてしまうだろう。
小さな記憶を忘却することで、大事な記憶を印象づける、のだと思うし。
私は忘れっぽいので、想像もつかないのですけど。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 履歴書のチェックポイント

    Excerpt: 履歴書、提出前にここは見直しておかないと絶対危険!!な5つのチェックポイント今回は形式面の当たり前。ばかり。ただ、当たり前だけに、ミスを犯すと手痛いしっぺ返しが待っています。1:日付基礎の基ですが、た.. Weblog: 職務経歴書の書き方 racked: 2008-05-11 08:00