赤塚神明社(愛知県名古屋市東区)

湊川神社の話に出てきた、尾張の神明社のことを書いてなかったので。
画像
名古屋市東区、赤塚交差点に面して鎮座する神明社。なので通称・赤塚神明社。
私がお参りしたのは数年前、この画像も数年前のものですが・・・社殿が焼失して再建中だったと思います。

画像
社務所もプレハブ。

画像
中日新聞の記事が張り出してありました。
で、社殿はどうなっているかというと。

画像
とても質素なものに。

画像
境内社も簡単に。

元の社殿があった場所は・・・
画像
ほぼ更地(´・ω・`)
こちらの画像はたぶん焼失前の姿です。
蕃塀マニアさんの徳川神明社って、この赤塚神明社かな?蕃塀がとても新しいので、再建後に行かれたのですね。

神社名:神明社
鎮座地:愛知県名古屋市東区徳川2-1-1
御祭神:天照皇大神
創建:元和2年(1616)
神紋:五七桐

由緒によると1616年、古来よりこの地に祀られていた神明社を氏神として祭ったとあるので、本来の創立年は1616年以前。このあたりは物部神社などの古社もある古くから拓けた土地で、何年に勧請されたのかは全く読めない。

この神社が他と違うのは、湊川神社が創建される前に、楠木正成公を祭る社を建てたということ。
境内には今も楠木正成公像が残ります。
画像
ちょっと暗いけど。
なんで暗いかって、

画像
看板の裏にひっそり建ってるんだもの。
もっと明るいところにいてほしい。

また、私はまったく気付かなかったのですが、境内にキリシタン燈籠があるらしい。

【追記】
再建後にお参りしてきました。
境内社についてはこちらに書き足しておきます。

画像

【境内社】(右から)
須佐之男神社:須佐之男神
山神社:大山祇神‥‥元は大曽根村鎮座、『名古屋城鬼門鎮護』。嘉永四年4月(1851)神明社境内に遷宮。
天神社:菅原道真公‥‥御神体は豊臣秀吉が幼少より出世を願い信仰した天神像。のち清洲の福生院の境内に社を建て、『出世天満宮』と呼ばれた。徳川時代に袋町へ、明治4年に神明社境内へ遷宮。
八幡社:誉田別命、応神天皇
秋葉社:火之迦具土神
金刀比羅神社:大国主命
湊川神社:楠木正成公‥慶応三年(1867)3月、神明社に創建。



【2011/07/21追記】御朱印情報を頂いたのでテーマ:朱印を追加。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

蕃塀マニア
2009年02月03日 17:47
トラバありがとうございます。
私のいう徳川神明社が赤塚神明社のことです。神社の名称は、愛知県神社庁HPのリストの社名の頭に「現在」の地名を加えるのを原則としていますので、一般的に使用される赤塚神明社が徳川神明社という呼び方になってしまうようです。
それに、神社を参拝し始めて日が浅く、由来の調査も最低限に止めているため内容は甘いので、社殿が焼けて再建されたことを知りませんでした(そうかなとは思いましたが)。ご教示感謝します。
2009年02月04日 23:27
こちらこそ、いつも参考にしています。
神社の名称の決め方にそのようなルールがあるとは知りませんでした。その原則によれば、徳川二丁目の神明社、徳川神明社になりますね。
蕃塀マニアさんとは同じ神社でも見方が全然違うので、わからないなりに勉強させてもらっています。蕃塀の作りから神社の規模を推測して、その神社に神職さんが居るか・御朱印はやっているか推測できないかと考えましたが、それは無理でした。
蕃塀マニア
2009年02月05日 17:56
あ、いやいや、誤解なさらないで下さい。社名の頭に「現在」の地名を加える神社の名称の決め方は、便宜上、私が勝手に行っているやり方です(念のため)。
とはいえ、概ねそのやり方が一般的にも通用しているように感じます。赤塚神明社の場合も含め、神社名と現行地名が合わないのは、多くの場合、地名が変更になったためと思われます。ちゃんと調べれば旧地名も分かるのでしょうが、私はそこで手を抜いてしまっているわけです。ですが、なじみの無い土地で「地名の改変」をされると旧地名を把握することがとても難しいのが現実です。例えば港区などはもう訳が分からない状況です。
2009年02月06日 21:56
はい了解です。
確かに、この地名がつく以前から鎮座している神社も、由緒がわからなければそれが無難です。
港区もですが最近は緑区も区画整理をしていて、さらに分区の噂もあったりでそのへん難しいですね。由緒も織田今川の戦災で残っていなかったりで。
過ぎし昔をなつかしむ
2011年03月30日 19:01
子供の時 母に連れられ 輪くぐりをしたこと 子供相撲大会で賞品にノートをもらったこと 夏休みに境内でラジオ体操に毎日 眠い目をこすりながら通ったこと
 神明様には 色々の思い出があり ここお通ると 自然に涙がこみあげる(還暦じじい)
近所
2012年05月16日 22:05
近所に引っ越して氏神様だから毎月行けたら行くようにしてる神社です。キリシタン灯籠あったのを初めて知りました。引っ越してから、何故かやたらとキリスト教の方と知り合う機会がありますが、もしかしてコレの影響?などとスピリチュアルに浸りました・・
引っ越してきた時には、すでに新しく、以前の事を全く知らなかったので、なんだか知れてラッキー!
楠木正成公はすぐ気付きました、正直初めて奉られているのを拝見致しまして驚きました。

この記事へのトラックバック

  • 泥江縣神社(愛知県名古屋市中区)

    Excerpt: 名古屋市中区伏見の西北、オフィス街の中に鎮座しているためか、なかなか気付かない神社です。 Weblog: あらいのじかん~神社と朱印、ときどき猫と自転車~ racked: 2009-03-08 23:51
  • 再建後の赤塚神明社(愛知県名古屋市東区)

    Excerpt: 火事で焼けてしまっていた赤塚神明社。再建後に行ってなかったので、近くへ行った際にお参りしてきました。 Weblog: あらいのじかん~神社と朱印、ときどき猫と自転車~ racked: 2009-04-06 00:02
  • 痛めて知る腰の大事さ&御朱印のこと。

    Excerpt: 名古屋市内で情報を頂いた神社をふらりと参って来ました。 Weblog: あらいのじかん~神社と朱印、ときどき猫と自転車~ racked: 2011-11-13 23:59