大縣神社(愛知県犬山市)

名鉄小牧線沿線、犬山市にある、結構名の知れた神社。



画像

神社名:大縣神社
鎮座地:愛知県犬山市字宮山3
御祭神:大縣大神
創建:垂仁天皇27年(紀元前3年)8月
神紋:九枚笹
社格:式内社(名神大)、旧国幣中社、別表神社
例大祭:10月10日
月次祭:毎月1日

由緒などはWiki玄松子さん、など参照で。有名どころなので私が書くまでもないです。古今宗教研究所さんも書いてるほどですし。

境内摂社姫之宮の御祭神は玉比売命と倉稲魂神。女性の守り神として、豊年祭では女性のシンボルを奉じて練り歩くことで有名、かな。
男性のシンボルで練り歩く田縣神社と対をなしているとも、実は関係ないとも。
豊年祭は毎年3月15日以前の日曜日に執り行われますが、以前は田縣神社と同じ日にち固定でした。しかし田縣神社が(ある意味で)超有名になる一方、こちらはそれほど有名でないためか斎行人員の集まりが良くなく、やむを得ず日曜日に行うように変更されたそうです。
でも今年はちょうど3月15日の日曜日。田縣神社も同日斎行。男女豊年祭をハシゴできます。是非今年にお越しを。

もうひとつの境内摂社大国恵比須神社の御祭神は、大国主大神ならびに事代主神ほか十五柱。戎さんとして有名ですね。
初えびすの日には県内屈指の賑わいをみせます。

画像
大縣神社御朱印。
式内大社と書くことは珍しいと今になって思う。

御朱印を頂き始めた初期につき、ほとんど画像が無いので省略。
いやあるにはあるのですが、それが上の鳥居と、

画像
この姫石だけでした。
何を撮りたかったのだろう、当時の自分は。


【追記】
先日通りがかった青塚古墳が大縣神社の飛地境内らしいので、ついでに。
画像
古墳とその周辺はかなりきちんと整備されています。発掘品を収蔵した施設もあります。

画像
古墳を反対側から。対比として掃除をしていたおじさんを入れてみました。
規模は愛知県で第二位。一位は熱田の断夫山古墳です。でも断夫山古墳は周辺が公園として整備されていますが、古墳はそのまま残されています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 12

驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

J
2009年03月02日 00:43
懐かしいなぁ。

大学生の時代に、何も知らなかったのですが、サークルの先輩に連れられて
田縣神社とここに行きました。

2009年03月02日 01:12
何も知らずに連れて行くとは、意地悪な先輩ですね。
似たような神社なら川崎大師の近くにもあるのに。
昔から知る人ぞ知る珍スポットだったのでしょうか。

この記事へのトラックバック

  • 田縣神社(愛知県小牧市)

    Excerpt: 大縣神社を書いたなら、こちらも書いておかないと。 というよくわからない責任感に駆られて。 Weblog: あらいのじかん~神社と朱印、ときどき猫と自転車~ racked: 2009-03-12 22:07