再建後の赤塚神明社(愛知県名古屋市東区)

画像
火事で焼けてしまっていた赤塚神明社。再建後に行ってなかったので、近くへ行った際にお参りしてきました。

画像
手水舎と石灯籠は以前のままですが。

画像
これは蕃塀マニアさんとこでも見た、蕃塀。木造で新しいですね。

画像
御本殿。ぴっかぴかになってました。
ちなみに後ろに見えるマンションは『ハイツ徳川』。

画像
横から見ても立派なものに。手前に建造中のコインパーキングも境内かな?神社維持費も必要ですからね。
おや、右に見えるのは・・・

画像
大楠公像。日の当たる場所に移設されていました。

画像
ω

画像
社務所前の御神木。
木はいくつか切られてしまっているようです。都市神社の宿命ですか。

画像
本殿左に大楠公像、さらに左に境内社。すべての社に説明板が付きました。

無事に再建できたようで、なによりです。
みなさんも火災には気を付けましょうね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

2009年04月09日 21:55
はじめまして・・はじめて訪問をさせて頂きました。

神社が火災に合うことはとっても不幸なことですね。
しかし、手水舎と石灯籠だけでも残ってよかったですね。

私たちの氏神様も焼失してしまい現在再建中です。
 神社であればこそ再建にも自然崇拝の心を生かしたいですね。
2009年04月11日 22:44
うじこさんいらっしゃいませ。
木の文化である日本が火に弱いのはやむをえないとはいえ、やはり残念なことです。
うじこさんのブログを拝見しました。一昨年に火災に見舞われ、現在再建中とのこと。焼失前の画像を見るに、とても立派な社殿だったと思います。再建するのは苦労も時間も要するとおもいますが、遠くから応援しています。

この記事へのトラックバック

  • 赤塚神明社(愛知県名古屋市東区)

    Excerpt: 湊川神社の話に出てきた、尾張の神明社のことを書いてなかったので。 名古屋市東区、赤塚交差点に面して鎮座する神明社。なので通称・赤塚神明社。 私がお参りしたのは数年前、この画像も数年前のものですが・.. Weblog: あらいのじかん~神社と朱印、ときどき猫と自転車~ racked: 2009-04-06 00:47