大神社(愛知県一宮市

画像
名鉄島氏永駅。さて、このブログを見ている中にこの駅で降りたことがある人がいるでしょうか・・・とか思うような駅です。

画像
島氏永駅から徒歩2分ほどで大神社に到着。こちらは東参道、ということになるのかな?

画像
神社は参道を重視して境内を残した感じの、よくある長方形の境内です。
西側には宮司さんのご自宅が。

画像
手水鉢と井戸?

画像
蕃塀と拝殿。

画像
神社名:大神社
鎮座地:愛知県一宮市大和町於保字郷中2311番地
御祭神:神八井耳命(神武天皇第二皇子)
社格:式内社名神大、旧村社
例祭:10月20日
月次祭:毎月20日

【由緒】
 延喜式神名帳に大神社名神大とあり、そこで尾張の国の式内社一二一座ありその内名神大社は八座あり、八座は大神社。
真清田神社(尾張の国一の宮)、大縣神社(尾張の国ニの宮)、大神神社(尾張の国一の宮)、(花池)、熱田神社、日割御子神社、孫若御子神社、高蔵結御子神社であり、前期八社が官幣社(神祗官の祭る社、即ち官幣社)国幣社(国司が祭る社、即ち国幣社)があり、一一三座あり由緒ある神社である。
祭神は神武天皇の第二皇子にして神武天皇の崩御後、兄 手研耳命が神八井百命を害せんと図りしかば第二代綏靖天皇その陰謀を知食し、神八井耳命と共に謀り、これを平定(国内安定)神八井耳命曰く、『兄なれども君上とあるべからず汝よろしく皇位につき天下を知食すべし』、国内平定の神であることが伺える。
 天慶元年二月正五位より全国的神々に対して九度の昇神あり。
 大神社は最後の年、永徳元年二月に従一位になり給ふ。
  系統=神武天皇の皇子=綏靖天皇の同母兄
        母は媛踏踏鞴五十鈴媛皇后
【延喜式内社 大神社 由緒略記より抜粋転載】

この地域には神八井耳命を祖とする多氏が移住したといわれ、住所にも於保などの名前が残っています。
にしてもこのあたりは、式内社が多いですね。

画像
大神社御朱印。一緒に大神神社の御朱印も頂きました。
大神神社だけ頂いている方も多いのでは。

大神神社を兼務しているためか、御朱印の応対に慣れているように感じました。
宮司さんがお留守の時は御朱印帳を預けて、後日郵送してもらうこともできるとか。
私の場合、朝訪ねると宮司さんがお留守でしたので御朱印帳をお預けし、夕方帰る途中に受け取りました。
その際、ちょこちょこっとお話したのですが、こちらだけで神社を十数社兼務しているとのことで、月次祭の日にはとても忙しいそうです。

画像
というわけで、正面参道から失礼いたします。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

2009年10月14日 21:07
ご無沙汰しています。

今日、故郷の祭りのために帰る途中、途中下車をして大神社・大神神社に参拝しました。

で、宮司さんといろいろ話をしたのですが、その中で兼務社の話になり、稲沢市の式内社・川曲神社の御朱印もあることが判明、拝受してきました。

とりあえず情報として。
2009年10月14日 22:33
こまいぬさんいらっしゃい!
いつも関東方面の神社探しではお世話になっています。

駅の反対側にある川曲神社ですか!こちらにも御朱印があるのですね。
やはり神社は見た目で判断せず、話を聞いてみないといけませんね。
情報ありがとうございました。
2009年10月14日 23:02
その川曲神社です。拝受は大神社になります。

宮司さんに「兼務社で式内社の御朱印はありますか?」と聞くと、「たしか川曲神社のがあったと思う」ということになりました。

この記事へのトラックバック