笠置寺(京都府相良郡笠置町)

画像
そういえば笠置寺へ行ったけど書いてなかったなぁ、と佐和山のことを書いてて思ったので。
言わずとしれた、太平記始まりの地です。

画像
境内はこんな感じ。境内というか、山です。
とりあえずご本尊さんへご挨拶。

画像
磨崖仏キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
ご本尊の弥勒大磨崖仏です。

【由緒】
笠置寺の創建は古い、すでに二〇〇〇年前から笠置山の巨岩は信仰の対象となっていた。この事は笠置山の中心をなす大岩石の前から弥生式時代の有樋式石剣が発見されたことによってわかる、しかし実際に建物が建てられ人が住みついたのは一三〇〇年前である。
一三〇〇年前東大寺の実忠和尚、その師良弁僧正によって笠置山の大岩石に仏像が彫刻されその仏を中心として笠置山全体が一大修験場として栄えたのである。
平安時代永承七年(一〇五二)以後世の末法思想の流行とともに笠置寺の大磨崖仏は天人彫刻の仏として非常な信仰をうけたのである。鎌倉時代建久二年(一一九一)藤原貞慶(後の解脱上人)が日本の宗教改革者としてその運動を笠置寺から展開するとき笠置山は宗教の山、信仰の山として全盛を極めた時であった。
しかし元弘元年(一三三一)八月二十七日倒幕計画に失敗した後醍醐天皇を当寺に迎えたことにより攻防一ヶ月ついに笠置山は全山焼亡以後室町時代少々の復興を見たが江戸中期より荒廃、ついに明治初年無住の寺となった。
明治九年丈英和尚狐狸の住む荒れ寺に住して笠置寺の復興につくすこと二〇年ようやく今日の姿となったのである。
【笠置寺略記より抜粋転載】

全山焼亡した際にこちらのご本尊さんも猛火に晒され、輪郭のみしか見えなくなったそうです。
ちなみに向かいには正月堂があり、東大寺名物のお水取りは最初この笠置山で行われていました。
後醍醐天皇は南都北嶺(奈良興福寺と比叡山延暦寺のこと)を味方にして挙兵したといいますから、そのつながりでここへ立てこもったのでしょうね。

画像
正月堂の足場。巨岩だらけの境内に施設を建てているので、足場もこんなんだったり。

画像
伝虚空蔵磨崖仏。弘法大師空海が一夜にして彫ったという伝説の磨崖仏。

画像
修験者が修業したという千手窟。お水取りにも関係あり。

画像
修業場入り口の、胎内くぐり。笠置山には身を清めるための滝が無いので、ここを潜ることで清められるとのこと。
以前は天板も巨岩でしたが、安世の大地震で崩れてからは石版を置いています。

画像
こんな岩場をくぐり抜けると・・・

画像
キタ─ ̄─_─ ̄─(゚∀゚)─ ̄─_─ ̄─!!!!
下に見えるのは木津川と、それに沿って走るJR関西線。

話では、ここから幕府側の決死隊が乗り込み、火を放ったことが陥落のきっかけになったという。

画像
本日のメインイベント、後醍醐天皇行在所。
楠木正成公千早よりいらした場所です。

画像
一応、城で言う本丸にあたるのですが、天皇陛下のいらした場所なので本丸とは呼びません。
作りはよくある御陵と同じですね。
これで笠置山登頂成功、と。

画像
行在所を降りたあたりは、もみじ公園という広場になっています。
見渡す限りの紅葉ですから、秋は綺麗でしょうね。

画像
笠置寺御朱印。入り口の拝観料を支払うところで頂けます。

画像
帰り道に、我等が郷土の英雄、足助重範公が御活躍された一の木戸跡を確認して終わる。

みんなも行こうよ南北朝史蹟!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

もこりん
2009年07月30日 23:22
すごーい 岩場に巨石ですね
こわーーいぐらい
2009年07月31日 19:02
>もこりんさん
巨岩マニアにはたまらないでしょうね(いるのか?)
自然のレジャーランド感覚で是非お越しを!

この記事へのトラックバック

  • 大和郡山市VS笠置町 歯科医師数の戦い

    Excerpt: 奈良県第3巡における大和郡山市の戦いも5戦目になります。のこり二つ勝てば巨大勢力を保持したまま大和郡山市は主役の役目を完遂することになりますがどうなるでしょうか?大和郡山市�... Weblog: 市町村・戦国時代・天下統一 racked: 2009-11-08 11:45