2011年12月4日、ふらりちば北部の旅 その1

昨日の続き

画像
横浜から成田エクスプレスに乗り、成田で乗り換え、やってきました滑河。鹿島神宮や香取神宮の手前というとわかるでしょうか。

画像
滑河駅前。おわかりいただけただろうか。
バスもほとんど無いので、目的地まで徒歩で参ります。

画像
ここまで来る車内から外を見ていて、吹雪のような何かが吹きつけていたのですが…強風に飛ばされたススキの穂でした。
画像に映らないのが残念。

画像
とても気になる池。これが温泉ならローマに繋がってる。

画像
なにかあるなと思ったら、滑河山龍正院でした。

画像
素朴な仁王像。

本堂で坂東巡礼をしているおじいさまとお会いました。強風でろうそくを灯すのも大変、火をつける間に置いた手荷物が吹き倒されるほどでしたので、二人がかりで交互に献灯しました。
御朱印頂いてないけど、どこかで頂けたのかな。

さらに歩いて通りがかりの梧桐山檀林寺にもご挨拶。こちらは新しい感じ。

画像
着きました!今日の目的地、建武中興十五社の小御門神社。藤原師賢公をお祀りしています。

画像
こちらの境内…すごく落ち着きます。
神社の方かご近所の方か、境内の草木の世話をしていました。

画像
こちらの茅の輪は常設でしょうか。

お参りして、社務所で朱印帳と建武中興十五社に御朱印を頂きました。

画像
文真公御瘤道? 香取神官朝野?

画像
本殿裏の藤原師賢公墳墓へもお参り。

うん、ここはいい神社だ。何故近所に無いのだろう。残念。

画像
ここも名古屋なのに。
(小御門神社鎮座地:千葉県香取郡下総町名古屋898)

帰りは別の道を通って駅へ戻ります。

画像
あの、ポコンとした山はなんというのだろう。

画像
通りがかりの金刀比羅社にも、紅葉の絨毯を踏みしめながらご挨拶へ。

画像
さらに通りがかった、自動販売機しかない売店。コンビニ不毛の地か!?
しかしこう…すごく昭和っぽい室内です。

画像
しかし昭和は続かない。

画像
次々と寿命を迎える自販機。現役らしきものは半分ほどでした。

この先、道を間違えて遠回りしながら、戻る電車に駆け込み乗車。
電車は一時間に1本なので、乗り過ごすと大変なことに…。

成田へと続く

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック