あらいのじかん〜神社と朱印、ときどき猫と自転車〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 若宮八幡宮(京都市東山区)

<<   作成日時 : 2006/10/16 22:48   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 13 / トラックバック 1 / コメント 2

京都ぶらり集合時間前に駆け足で回ってきました編その3。
まだ時間があるようなので、ちょいと遠回りしながら京都駅へ戻ろうと、新日吉神宮の参道入口を北へ直進。
画像
大谷本廟のある東山五条交差点を渡り西へ行くと八幡さんが。

画像
若宮八幡宮(わかみやはちまんぐう)/京都市東山区五条橋東5-480/主祭神:応神天皇、仲哀天皇、神功皇后/創建:天喜元年(1053年)/本殿様式:三間社流造/例祭:8月8日
陶祖神椎根津彦命を合祀していることから、陶祖神社とも呼ばれている。左には「清水焼発祥の地 五条坂」とある。

画像
ぶっちゃけ詳しいことは若宮八幡宮 (京都市東山区) - Wikipediaに書いてしまった。そちらを参照(笑
例祭は8月7日〜10日。同時に陶祖まつりが開催される。

画像
足利尊氏が寄進した蓬莱石。近世まで本殿片隅に埋もれていたが、御神託により場所が判明して発掘されたという。

画像
孝明天皇御胞衣埋納所。胞衣=えな。中御門天皇皇女、慶光天皇(閑院宮典仁親王)皇子ほか一宮、孝明天皇の胞衣が埋納されている。

画像
御朱印。
頂く際に神社のおばあさまに色々とお話しを聞かせて頂いた。
こちらの神社は創建から三度も移転しているため、氏子地域がなくなってしまったそうだ。江戸時代までは源氏と天皇家に保護されてきたけれど、近代以降は神社の維持が大変で、社宝も貴重すぎて管理できないため、市に預けているそうだ。
私が名古屋から来たと伝えると、当社から“ひきじんじゃ”へ八幡さまが勧請されたと教えてくれた。んん…ひき??よく聞くと日置神社(ひおきじんじゃ)のことの様子。日置神社の由緒には男山から八幡神が来たとあったので意外だった。しかしおばあさまは、日置神社のとなりに立派なお寺があるのも知っていたし、他に“ひきじんじゃ”と呼ぶ社は無いと思うのでそうだろう。
当社から全国各地に勧請されたとのことで、今年は九州の神社が600年?800年?を迎えるため、元社である当社が招待されていると嬉しそうに話してくれた。親は苦労しても子が元気でいるような感じ?名社古社も維持管理には苦労していると改めて感じる。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 13
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
面白い 面白い
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
若宮神社/田尻神社(愛知県蒲郡市)
三谷の八剱神社から東、三谷温泉のあたりに八剱神社と共に三谷まつりを行う若宮神社があるのだけど…… ...続きを見る
あらいのじかん〜神社と朱印、ときどき猫と...
2007/12/30 23:40

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
久々に訪れたらお寺画像が増えている^^。
ひとことコメント:鶴が丘八幡宮の正面の道路(元参道?)は若宮通りといいます。関連有るのか謎ですが、、、若宮王子って地名も鎌倉にはあるです。
ayasuke
2006/10/19 17:50
いらっしゃい!
地図で鶴岡八幡宮を見てみました。駅から続く参道が「若宮大路」とあるので、このことかな?
いっぺん行きたいなぁ…頼朝生誕地なら近所なんだけどw
新井
2006/10/19 21:45

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
若宮八幡宮(京都市東山区) あらいのじかん〜神社と朱印、ときどき猫と自転車〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる