あらいのじかん〜神社と朱印、ときどき猫と自転車〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 村木神社(愛知県知多郡東浦町)

<<   作成日時 : 2007/07/27 23:01   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 2

JR尾張森岡駅から西へ500mほど、坂を上る途中の「神社前」バス停のところに鎮座いています。

画像
神社名:村木神社
鎮座地:愛知県知多郡東浦町大字森岡字天王西27
御祭神:建速須佐之男大神(牛頭天王)、品陀和気命、菊里比盗_、足名椎の神、手名椎の神、天照皇大神
神紋:五三桐

織田信長と今川義元が戦ったといわれる村木砦の戦い(村木城とも)があったのがこのあたり。

古来この地に天王社があり、延徳三年(1491年)の棟札があるがそれ以前は不明。
またここから東100m、駅から来る途中の保育園の地に永禄4年(1561年)、水野信元の代官清水八右ェ門家重が八幡社を創建した。
近代に八幡社の地を小学校用地とすることになり、大正2年4月にこの地へ遷座、合祀され、村木神社と称することになった。またその時に源太夫社、白山社(白山大権現)、妙見社、村神社、山之神二社もこの地に遷座した。

画像
社殿前の広場。開けた場所と木の生い茂る場所が極端。

画像
社殿。本殿はほとんど見えませんでした。

御祭神のうち、元の天王社の神様は建速須佐之男神の一柱。
あとの五柱は八幡社の神様らしい。でも菊理媛神は白山の神様だし、他もちょっと違う感じが。

画像
社殿前にあった石灯籠。文久元年、八幡宮と書いてあったようだ。

画像
拝殿の東側に神馬像。その後方、本殿東側に末社(よく見えないけど)。左から秋葉社、合祀社、御獄神社。山之神社はやや外れたところにある。
合祀社のひとつ、源太夫社といえば乎止與命。やっぱり海沿いの地方によくある感じ。
妙見社って何?神社っぽくない名前、と思ったけどこちらによると結構あるようだ。星と仏教と陰陽が色々習合した信仰らしい。知多半島は安倍清明の子孫が移住したり、陰陽師が豊臣秀吉により京から追放されたときに一部が知多にやってきたりと、色々関係あったのかなと思ったり。

あと、境内の由緒書きに、村木砦跡には八剣宮が云々と書かれてあった。ちょと気になる。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
伊久智神社(愛知県知多郡東浦町)
国道366号線、半田街道とか言われている道を大府より南下、JR東浦駅手前の生路交差点の北西やや入り組んだ坂道を登ったあたりにありました。 ...続きを見る
あらいのじかん〜神社と朱印、ときどき猫と...
2007/07/28 23:57
下高根・小所一之御前社(愛知県豊明市)
沓掛諏訪社のちょと東、沓掛小学校の東隣に鎮座。 ...続きを見る
あらいのじかん〜神社と朱印、ときどき猫と...
2009/04/03 22:29

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
村木神社の新年のお祝いです。
祭礼保存会の方が舞いを奉納されています。

ここね
http://www.youtube.com/watch?v=72gG546oOfU

秋には「おまんと祭り」があります。
由来は
織田信長公が桶狭間の戦いで今川義元公の首を上げた時、村木神社の近くの村人が
「清州の殿さまがすごいことをやった」とお祝いのため
東浦から清州城まで、馬を駆けて奉納したとか
それから馬駆け祭りが始まりました。
村木神社
URL
2011/01/08 18:05
平成28年に見学したい。
ミント
2015/11/08 11:40

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
村木神社(愛知県知多郡東浦町) あらいのじかん〜神社と朱印、ときどき猫と自転車〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる