あらいのじかん〜神社と朱印、ときどき猫と自転車〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 六所神社(豊田市坂上町)

<<   作成日時 : 2007/08/23 00:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 3

松平東照宮のある松平郷で頂いた『松平の里観光図』を見ていて、そこに載っていた六所神社と六所山が気になり、そちらへ向かってみた。

画像

国道何号かよくわからない道を進む途中に、鳥居が立っていた。道が鳥居を避けるようにうねっているので、道自体が神社への参道で、これより向こうは旧神苑だったと思われ。
石碑には郷社とか縣社とかある。こんなところに県社が!

画像
神社到着。縣社というにはあまり大きくない。人気はまったく無い。社殿はかなり古そうなのだが。

画像
拝殿脇の木が気になったので撮ってみた。杉?

お参りしようと拝殿に行くと、由緒書きが置いてありました。これは助かる。

神社名:六所神社
鎮座地:愛知県豊田市坂上町六所山一番地『上宮』
     愛知県豊田市坂上町地蔵堂二十三番地『下宮』 Mapion
御祭神:猿田彦神(さるたひこのかみ)
     事勝国勝長狹神(ことかつくにかつながさのかみ)
     岐神(くなどのかみ)
     日本武尊(やまとたけるのみこと)
創建:永和三年(1377年)

由緒
[松平(徳川)氏の創建]
 社殿によれば、永和三年(1377)松平(徳川)氏の始祖松平太郎左衛門親氏が、吉木山(現在の六所山)の山頂に陸奥国一之宮鹽竈六所明神を勧請し、松平氏の氏神として、奉祀したことに創まると伝えられています。
[隠居神様]
 往古は、吉木山そのものを神体山とし、大山祇神を祀り、産土神として奉拝していましたが、客人神である鹽竈六所明神にその社地を譲り、同じ山頂の東北にある峰に遷り、八ヶ峰神社となりました。里人たちが「隠居神様」と呼んでいるのは、この事情を物語っています。
[六所神社の再建奉加帳]
 大永七年(1527)十二月野火により社殿が全焼しました。この社殿再建のために、松平宗家五代長親(道閲)は嫡子六代信忠と共に、「当社大明神は、当国守護の霊廟、郡村加護の明神なり、就中、松平一党の氏神、先祖崇敬の霊社なり」と、六所神社造営奉加帳(豊田市指定文化財)を松平一門宛てに出しています。
[徳川家康生誕・岡崎城主]
 徳川家康が天文十一年(1542)十二月、岡崎城に生誕のとき、当六所神社に礼拝がなされたといいます。家康が岡崎城主となった永禄年間(1558〜1569)岡崎城に近い高宮村(現在岡崎市明大寺町)の六所神社へ、当神社御祭神六柱のうち三柱の神が勧請遷座されました。文化年間「松平家文書」の中に、「六所神社は永禄年中に、高宮村の六所神社へ衣冠束帯の神像三体、地蔵尊三体を遷御した」とあります。
[徳川家康初穂料を奉献]
 慶長七年(1602)家康は、高月院の祖廟参詣の節に当社へ二十石の初穂料を献じています。
[県社に昇格]
 明治六年六所明神を六所神社と改称し、社格を「郷社」に列せられ、大正十一年九月二十六日県社に列せられました。

(『六所神社参拝のしおり』より)

先の六所山というのが上宮で、今居るのは下宮らしい。

日本武尊は鹽竈の神様じゃないよね?じゃあ他の三柱+岡崎六所神社の三柱?と思ったら違うらしい。ふむう……

【境内神社】
八ヶ峰神社「大山祇神」通称「隠居神様」(上宮)
秋葉神社「軻遇突智上」(下宮)

【主な祭典・神事】
*1月1日:歳旦祭
*2月11日:紀元祭
*2月17日:祈年祭、秋葉神社祭、山の神祭
*6月30日:夏越の大祓
*7月25日:八ヶ峰神社祭
*9月1日:二百十日祭、熱田祭
*9月22日:神迎え神事・前日祭
*9月23日:例祭・神送り神事
*11月23日:新嘗祭
*12月31日:大祓・除夜祭
*毎月1日:月次祭

面倒なのでWikipedia六所神社 (豊田市)を編集してそこから転載。

祭典神事まで見て、山の神祭と熱田祭が気になった。山の神=岐神、熱田=日本武尊?秋葉神社祭と八ヶ峰神社祭は二つの境内社のことだし、猿田彦神と事勝国勝長狹神は岡崎六所神社でも祀られているし。それでも何か足りてないのだけど一体……?
こちらのページには、古くから頂上には、猿田彦神、日本武尊などの神々が祭ってあったとある。三河なら日本武尊はあっても普通。ん〜よくわからん。

画像
左は本殿。右は境内社秋葉神社、かな。神紋らしきものは見あたらなかったけど、瓦には輪宝紋がありました。

画像
狛犬。体が唐草文様っぽい。

画像
神社前の道を挟んだ向かいの境内に、昔ながらの舞台が。豊田市指定文化財「六所神社の舞台」とある。
明治五年に建てられたもので、中を覗くと上の梁が一部がきれていて、ここから舞台の一部を上下させたり、演者が登場したりできる仕掛けらしい。

画像
神社の右手奥、坂を上ったところにお堂らしきものが。人はいない。昔の神宮寺?

上宮も気になったけど登山になりそうな気がしたのであきらめた。



追記:六所山は猿投山、本宮山とともに、三河三霊山のひとつに数えられる、らしい。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
伊賀八幡宮(愛知県岡崎市)
てんてサボってすみません。今日も出かけるつもりでしたが、雨が降ったり止んだりなので見合わせたところで。 ぼちぼち楽なところから追加していこうかな〜と。 ていうかぶっちゃけ、有名どころならどこかで紹介されてるか、公式HPあるし。 そんなわけで伊賀八幡宮。 ...続きを見る
あらいのじかん〜神社と朱印、ときどき猫と...
2007/11/11 16:51

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
矢作川の由来は日本武尊が矢を作らせたのが由来らしいから、
なにかしら三河にも景行朝の影響下にあったのじゃろうなぁ。
ブサイク皇帝
2007/08/23 00:48
これはこれは陛下、ようこそお越し下さいました。新国家樹立はまだですか?

たしか岡崎市の矢作川西岸に矢作神社があって、境内にはその矢を作らせた竹林が残っているとか。
知立神社や内々神社も日本武尊関係ですし、景行朝の時代に何かあったのは確かでしょうね。
新井
2007/08/24 00:52
六所山上宮八ヶ峰神社の近くまで車で行けますよ
ryujn
2015/07/20 00:01

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
六所神社(豊田市坂上町) あらいのじかん〜神社と朱印、ときどき猫と自転車〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる