あらいのじかん〜神社と朱印、ときどき猫と自転車〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 一姫神社/和志取神社(安城市柿碕町)

<<   作成日時 : 2007/09/11 21:02   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

旧東海道を通って安城市から岡崎市へ入る手前、柿碕町に気になる神社があったので、そっちに行ってみた。

画像
神社名:一姫神社
鎮座地:愛知県安城市柿碕町

県道230号、鷲鴨安城線に面して鎮座。神社庁リストには載っていない。
社名から察するに京都の市比賣神社に由来するのかな。市神社なら津島とかあちこちにあるのだけど。

画像
一姫神社の北東500mほどのところにある、小さな神社。でも式内社。

画像
神社名:和志取神社
鎮座地:愛知県安城市柿崎町和志取35
御祭神:天日鷲命、伊弉諾命
創建:継体天皇元年
社格:式内社、旧村社
例祭:10月15日

三河国碧海郡の式内社、と言われなければ普通の村社に見える。
岡崎市にも同名の神社があり、そちらのほうが濃厚らしいけど。
あと豊田市にも鷲取神社があったっけ。

画像
たまには社頭由緒を載せてみる。

社記
1.神社 和志取神社
1.祭神 天日鷲命・伊弉諾命
1.創立年月 継体天皇即位元年
1.由緒
継体天皇即位元年、五畿七道の霊地に神社を建て厚く天神地祇を奉らしめ給う。当社はその一也。古来歴朝の崇敬浅からず、延喜式神社に列し三河国二十六座の一にして旧碧海郡六座中の旧官社たり。
永禄3年兵火に遭い焼失。爾後天正3年まで仮殿遷座にままなりしが、同年織田信長長篠城に向かう途次当社に詣で、みづから金作りの太刀を捧げ戦勝を祈願し、その折り奉行に命じて社殿を再建せしめたり。
即ち武門武将の尊崇厚く国司国守藩主領主の崇敬推して知るべし。
明治15年10月村社に列し、明治40年10月神饌幣帛料供進神社に指定せらる。
即ち氏子58戸の産神にして旧矢作町の崇敬神社たり。
昭和3年伊弉諾命を合祀、昭和27年宗教法人となり、氏子崇敬者の誠心により社殿境内も整備され今日に至る。
延喜式神社の調査さんより無断転載)

織田信長奉納の太刀は残ってないのかな……

画像
水盤。「奉献 御霊前」と書いてあるのかな?

画像
本殿を横から。右の境内社は稲荷社のようだ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
長瀬八幡宮(愛知県岡崎市)
三河の神社の続きです。かなり間が空いてしまいましたが。 和志取神社の続きにあたります。 ...続きを見る
あらいのじかん〜神社と朱印、ときどき猫と...
2007/10/03 23:44

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
一姫神社/和志取神社(安城市柿碕町) あらいのじかん〜神社と朱印、ときどき猫と自転車〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる