あらいのじかん〜神社と朱印、ときどき猫と自転車〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 笠寺観音(天林山笠覆寺)

<<   作成日時 : 2008/02/07 23:30   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 2 / コメント 7

あけましておめでとうございます。いえ、旧正月なので。
たまには近所のお寺でも。今年の名古屋の恵方寺、笠寺観音です。

画像
名鉄本笠寺駅の東、信号を渡ってすぐ西参道が見えます。
ちなみにここも旧東海道。笠寺台地のてっぺんあたりになります。

画像
旧東海道をもちょっと進むと南参道、こちらは仁王門があります。
さらに東の坂を下ると笠寺一里塚、天白川を渡ると成海神社のある鳴海宿へ。
画像
本堂前。節分の翌日とあってか人はそこそこ。
節分当日の様子はこちらなどで。天気も良くなかったからなぁ。

本堂内は、お坊さんがマイクで熱心に、節分の鏡餅と笹のお下がり(500円)の御利益を宣伝していました。とてもうるさい。
いつも人の居ない時間に来てたこともあり、全く落ち着かない。

画像
本堂前右手に、玉照姫と藤原兼平公夫妻を祀るお堂が。いや社?
縁結びの御利益があるそうだ。

<由緒>
 天平8年(736年、一説に天平5年-733年)、僧・善光が浜辺に打ち上げられた流木を以て十一面観音像を彫り、現在の南区粕畠町にその像を祀る天林山小松寺を建立したのが始まりである。
 その後1世紀以上を経て堂宇は朽ち、観音像は雨露にさらされるがままになっていた。ある時、旅の途中で通りかかった藤原兼平(藤原基経の子、875年-935年)が、雨の日にこの観音像を笠で覆った娘を見初め、都へ連れ帰り玉照姫と名付け妻とした。この縁で兼平と姫により現在の場所に観音像を祀る寺が建立され、笠で覆う寺、即ち笠覆寺と名付けられた。笠寺の通称・地名等もこの寺院名に由来する。
Wikipediaより転載>

笠寺観音の詳しいことは公式HPで。
粕畠というと、南門からまっすぐ南へ進んだあたり、ちょうど笠寺七所神社が鎮座するのが粕畠町。さらに南東の粕畠町3には、名古屋最古の貝塚「粕畑貝塚跡」があります。
粕畠の畠は塩田(塩の畑)で、粕は塩を取った後の残り糟の意味だったかな?うろ覚え。
そういえば七所神社の創建は938年。ちょうど寺院が再興され現在地に遷された頃に当たりますね。


画像
境内東に色々。真ん中には宮本武蔵供養碑と松尾芭蕉句碑。
宮本武蔵は笠寺に逗留したことがあるそうで、南の笠寺天満宮東光寺には遺品もあるそうです。たしか毎月25日には公開されているかと。

画像
仁王門東側、池に面したところに弁財天社。

画像
そのお隣に白龍社。

此の白滝大神は熱田神宮の楠御前社、柳橋の白竜神社の御姉妹で霊験灼かな竜神様です。御命日は毎月十日で大祭は毎年四月上旬取行います。此方は願掛け竜神と申されて特に病災の平癒は御神徳を頂けます。
<説明板より転載>

柳橋の白竜神社は、中村区名駅南の白龍神社かな。

画像
ちょとわかりにくいところに笠寺稲荷社。

画像
笠寺観音御朱印。
年月日がまるまるスタンプなのは初めて。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い
驚いた

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
榎白山神社(名古屋市西区)
名古屋市西区は美濃街道(美濃路)沿い、織田信長ゆかりの榎白山神社。 ...続きを見る
あらいのじかん〜神社と朱印、ときどき猫と...
2008/02/11 16:08
柳橋白龍神社(名古屋市中村区)
龍神信仰って神仏習合な感じがするよね。 そんな、白龍神社。 ...続きを見る
あらいのじかん〜神社と朱印、ときどき猫と...
2008/02/14 00:59

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
信者さんが,お供えしたお餅をお下がりとして,お寺が500円で別の信者さんに販売することをご本尊様はどう思われているのかな? そこまでして,換金したら,もう少し境内の整備でもしたら? きたない池とか?
ネコちゃん
2008/03/17 12:58
お供えしたのかお寺で買ったのかは知りませんが、笠寺観音は何度か没落荒廃してるので、そのへんシビアなのかもしれません。
そいえば正月過ぎに別小江神社に寄ったら、小分けにした鏡餅が「ご自由にお持ち下さい」ってあって一つ頂いたっけ。
池は・・・たしかにゴミが浮いていました。

あ、25日に東光寺へ行くの忘れてた。
新井
2008/03/27 23:40
玉照姫の尊像は,藤原兼平像とともに,もともと泉増院で造られたものだそうです。一時,(江戸後期)笠寺観音の境内に祀られましたが,明治時代に泉増院に遷されたそうです。本物の像は,現在,観音様の境内にあるひな人形のような像ではないようです。秘仏だから,見たことないけど…!
リア・デショー
2008/10/14 13:20
>リア・デショーさん
泉増院というと、大須観音向かいのとこかな。入口に玉照姫の名前があって気になっていましたが、まだお参りしていません。
ここで教えて頂いたのも何かの縁、今度緑区方面へ行くときは寄ってお参りしていこうと思います。
新井
2008/10/14 21:57
↑の自分のコメント、今気付いたけど何で大須観音になってるのやら。笠寺観音ですよね。
で先日ちょっとお参りしてみた。こちらの縁日?は8日みたいですね。
新井
2008/11/15 07:10
なーんか,たくさんのお堂がある立派なお寺だなあ,しかし,あんまり管理ができてないという印象を受けるな,お堂はあるというだけでは,いかんぞな。
亀吉
2009/02/27 18:38
詳しいことは解りませんが、こちらは管理できているほうではないかなと。
都市部の寺院としてはよくやっていると思います。
新井
2009/03/02 01:08

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
笠寺観音(天林山笠覆寺) あらいのじかん〜神社と朱印、ときどき猫と自転車〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる