あらいのじかん〜神社と朱印、ときどき猫と自転車〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 中村豊国神社(名古屋市中村区)

<<   作成日時 : 2008/02/15 22:27   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 2

画像
でーん。

画像
でーん。

でっかい鳥居といえば中村公園前。この大鳥居の高さは24mって日本一なん?

画像
で、鳥居をくぐって北へ進むと、中村公園入口であり、豊国神社参道。

画像
手水舎の水が出るとこが瓢箪だったり。

画像
社殿前到着。神社自体はそれほど大きくありませんが、公園でなごむ人や運動する人で意外と人は多め。また撮影したのは七五三シーズンだったので、親子でお参りに来る方もちらほらと。
左は社務所。拝殿側には授与所があります。

神社名:豊国神社
鎮座地:愛知県名古屋市中村区中村町木下屋敷(中村公園)
御祭神:豊臣秀吉公
摂社:加藤清正公
創建:明治十八年(1885)八月
神紋:五七桐
例祭:5月第2日曜日(太閤祭)
神誕際:旧正月1日
月並祭:毎月18日

<由緒>
豊太閤は、この中村の地に天文六年元旦、日の出と共に御生誕になりました。
明治十七年七月に、時の県令国貞廉平氏及び地元崇敬者の人々が、豊太閤の雄大なる御神徳を宣揚し神社の創建を計り、明治十八年八月に神社を創建されました。
名古屋市となりてよりは、各区長も崇敬者総代となり神社の発展を助け太閤祭り等に協賛せられていましたが、戦後には中村区を中心として崇敬者は全国に及び、出世開運、茶道、建設等の文化の神として大衆の間に、殊に若人等に親しまれ敬愛され、日本一の大鳥居をくゞり神社に足を運ぶ人々は毎日絶ゆることがありません。
私共は常に豊太閤の明るい御神威をいただき、日々の生活を清く素直な心をもって御神霊の恵みに感謝し、世の為、人の為に奉仕すると共に、大御心をいたゞき、むつみ和らぎ国の弥栄と世界の共存共栄を祈り家庭の幸福と日々の安全をお祈りいたしましょう。
なお近くには豊太閤・清正公の業績を顕彰する私立豊清二公顕彰館があり二公の遺品、資料などが展示されています。
<豊国神社略記より抜粋転載>

顕彰館は同じ公園内西側の、中村公園文化プラザ2階にあります。入場無料。公園周辺には「秀吉産湯の井戸」の常泉寺、「清正公誕生之地」の妙行寺などもあります。
また、毎月9のつく日は九の市が開催されて賑わうそうです。

画像
豊国神社御朱印、神職さん不在の時に頂いた半紙。

画像
豊国神社御朱印、こちらは神職さんに書いて頂いたもの。

画像
神社東側には「豐公誕生之地」の石碑。
一説にはもっと南のほうで生まれたとも。そのあたりは下中八幡宮の由緒にあったような。

画像
中村公園内のモニュメント。秀吉とその仲間たち?

画像
豊国神社のやや北、おなじく中村公園内に鎮座する八幡社。

神社名:八幡社
鎮座地:愛知県名古屋市中村区中村町字高畑52番
御祭神:応神天皇

この付近の氏神さん。
片山八幡神社で兼務されているとのこと

画像
クルックー。

画像
湯吉郎。
そんな、中村。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 9
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
面白い 面白い
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
投稿日からだいぶたっているので答えていただけるかわかりませんが、
今学校の宿題で神社へ行ってレポートをかけというものが出たので、近場の豊国神社について調べようかと思って参考にさせていただいてます。実は行った証拠として参拝券などを貼らないといけないのですが、上の写真の朱印状ってどうやったらもらえますか?
わさび
2013/07/31 00:47
わさびさんへ。
授与所(お守り等おいてあるところ)で、ご朱印お願いしますと言えば書置きをいただけるはずです。通常300円です。
crow_in_shrine
2013/07/31 15:32

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
中村豊国神社(名古屋市中村区) あらいのじかん〜神社と朱印、ときどき猫と自転車〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる