あらいのじかん〜神社と朱印、ときどき猫と自転車〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 新舞子ってつまりニュー舞子?

<<   作成日時 : 2008/07/23 00:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

暑かったので新舞子のあたりまで行ってみた。
暑すぎて財布と携帯だけ持ってって。



まぁ出ないのはお約束。
こちらからリンク

名古屋から知多半島西側へ行く道は基本的に国道155号なのですが、古い道なのでアップダウンが少ない代わりに、道が狭く舗装も荒れ気味。
自転車で走るにはちょっと問題ありなわけで。

その代わりによく利用するのが、船津神社西側の道。これは比較的新しく、いくつかアップダウンがある代わりに、道幅はそこそこ広く舗装も安定。
常滑市まで直線で行けるので、サイクリングする人には知られたルートらしい。
この日もBMXから本格装備のロードまで数台とすれ違いました。

神功皇后社は名前で気になってた神社。創建は江戸時代、安産の神様として崇敬されたそうで、安産祈願に赤飯を奉納し、子授け祈願の人がその赤飯を頂くという神事があるそうです。境内には井戸があり、『清水が丘』の地名の由来とのこと。



大草城址の東北すぐに鎮座する津島神社は、すぐ東となりが知多四国七十番の摩尼山地蔵寺。社紋が木瓜の中が桜だったような。

内宮御祭宮社は倭姫命が3ヶ月滞在したという場所に創建された神社。よって元伊勢なわけで。現在の社名も勅命によるそうです。こちらの御祭神は内宮、西之口の神明社は外宮なので、昔は一体だったのではないでしょうか。

画像
西之口神明社の砂浜から。海だー!と思ったけどお世辞にもきれいとはいえない感じだったので入らず。
ちなみに、ここ常滑市大野の大野海水浴場は、鴨長明がゆあみに訪れ、句に詠んだことから、世界最古の海水浴場と呼ばれています。最古説は他にもあるそうですけど。

日長神社は熱田神宮にも名があるので気になっていました。
御祭神は日本武尊、日長命、宇迦之御魂(だったかな?)。日長命はこの地方の開拓祖神で、神社はこの地方の総社とのこと。
書籍『熱田神宮』には、日長命は乎止與命の子とあります。


そんなこんなで、今年三度目のひどい日焼け。
短パンで自転車で焼けるとヒザの上だけこんがりと・・・(´・ω・`)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
新舞子

舞子海岸似ているのが由来舞子とは景色が左右反対だが。
まや
2008/10/12 03:28

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
新舞子ってつまりニュー舞子? あらいのじかん〜神社と朱印、ときどき猫と自転車〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる