あらいのじかん〜神社と朱印、ときどき猫と自転車〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 静岡市内どうでしょう

<<   作成日時 : 2008/10/08 21:18   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

先日静岡へ、久々の旅行らしきものに行ってきました。
始発に乗って普通車のこのこ静岡市。だいたい3時間で着いてしまうんですよね。日帰り旅行は片道三時間までが目安とも言いますから、18切符でのこのこ出掛けるにはいい所。
泊まりなんだけど。

9時過ぎに静岡駅へ着。でもついでなのでもう一駅乗り、東静岡駅近くの護国神社へ。車で来た友人と合流。
市街を外れたとこにあるためか、境内はかなり広め。社殿は山を背に、平野を目前にした配置で、とても贅沢な作りになっています。よく参道を狭めることで社殿前の開放感を演出する配置がありますけど、それが必要ないくらい。
近所にほしいです、こんな神社。

そこから静岡市街へ引き返し、駅前駐車場に車を停め(構造がとても機械的なのに誘導や選別で人員多数という変なところでした)、駿府城方面。
駿府城守護の式内小梳神社では、御朱印の担当が外しているとのことで、由緒書きのみ頂く。駅からすぐなので、また来る機会もあるでしょう。
駿府城跡こと駿府公園は、一部の櫓のみ復元でお城らしいものは無く、徳川家康銅像とかお手植えのみかんがある程度。
しかし、櫓内を案内して頂いた方から地元ならではの情報を色々聞けて、こちら方面で収穫が。こちらの前に小梳神社へお参りしたことを言うと、「渋いところを回ってきましたね」と誉められたような、呆れられたような。
櫓内の家康人形は間違い探しがあります。

公園を出て、静岡浅間神社方面へ。その参道途中に、山田長政生家跡。山田長政像があるのですぐわかりました。近く山田長政祭りがあるそうで、長政像はシャム風におめかしされていました。
画像
普段からこんな感じなのかな?

静岡浅間大社では、静岡浅間神社と大歳御祖神社の御朱印を頂けます。こちらの社殿は本殿も境内社も立派で、江戸時代のきらびやかな極彩色をしっかり堪能できます。
しかし個人的メインイベントは境内の文化財資料館にある、山田長政がシャムから奉納した戦艦図絵馬。実物は火災で焼けてしまったのですが、後に複写されたものが発見され、改めて神社へ奉納、資料館に展示されています。当時奉納された際に「あまりに珍しいので」幕府が複写させていたものが、複写した絵師の子孫宅で発見されたそうです。
その複写以外にも、奉納絵馬が所狭しと展示されています。パンフレットによると、それでもほんの一部とか。
境内の賤機山古墳なども回るうちに結構時間が押してしまい、あわてて駐車場へ戻り次の目的地へ。

車をかっ飛ばして(ちょっと迷いつつ)日本平ロープウェイから久能山へ。久能山東照宮と久能山東照宮博物館の共通券を購入してお参りへ。こちらの御朱印は参拝前に受付へ預けて番号券を受け取り、帰りに券と引換に朱印帳を受け取る仕組み。それだけ参拝者が多いんでしょうね。
社殿はどこも50年に一度の漆の塗り替えが終わったばかりということで、本殿も神楽殿もテッカテカ。撮っても撮ってもきりがないので、切り上げて神廟へ。こちらは落ち着いた雰囲気でした。
東照宮を出てすぐ左に博物館。さすがに徳川将軍家ゆかりの品々がてんこもり。他の博物館なら写真説明付きで目玉にしそうな篤姫の手紙も、貴重な品々に混じって普通に展示。
そしてここ久能山最大の目玉(友人曰く)、山本勘助が掘ったと言われる井戸。井戸には蓋と覗き窓があり、百円を投入すると中の灯りが点く仕組み。迷わず百円を投入すると、中の石組みがはっきりと見えました。

この日はこれで切り上げてホテルにチェックイン、それから静岡おでんを食べにおでん街と呼ばれる場所へ。
……空腹におでんは切りがない。美味しいから何本でも食べられるし。また程々に切り上げて、ラーメン食べて戻って早めに就寝。
画像
なごやがあったので・・・ここで食べましたよ。


長くなったので二日目は分割

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
登呂遺跡で朝食を
一日目の続き。 ...続きを見る
あらいのじかん〜神社と朱印、ときどき猫と...
2008/10/09 21:22

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
静岡市内どうでしょう あらいのじかん〜神社と朱印、ときどき猫と自転車〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる