あらいのじかん〜神社と朱印、ときどき猫と自転車〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 海椙神社(愛知県常滑市)

<<   作成日時 : 2008/11/09 18:08   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
知多半島道路から中部国際空港へ行く知多横断道路(セントレアライン)沿いに鎮座、していたのですが土地区画整理事業により遷座してしまいました。神社の周囲はまだ宅地もまばらです。

ズームすると旧地に名前が残っています。

画像
道路からして真新しい感。

画像
入口脇にイメージ図。鳥瞰図だっけ?

画像
拝殿から社務所。

画像
新しい社もまたよし。

画像
社頭由緒。きれいに撮れたので。

神社名:海椙神社
鎮座地:愛知県常滑市森西町三丁目29番
御祭神:建速須佐之男命、相殿・皇大神宮、蛭子神、高龗神
創建:大同元年(806年)
神紋:右三つ巴
社格:旧郷社
例祭:4月第一土・日曜日

海椙は「うすぎ」と読みます。
高龗神は「タカオカミ」。正確には雨かんむりに龍の字ですが表記できないので。

【由緒】
 当神社の始まりは、言い伝えによれば、大同元年(西暦八〇六年)と伝えられ(神社遷宮史による)その後延喜三年(同九〇三年)に祇園の牛頭天王(須佐之男命)を、祀らば悪疫収まらん」との、神のご託宣が降り、古字池田山の地に新殿を建立しました。
その後は、海の守り神としてまた、災害の守り神として住民から深く崇敬され、現在は本殿に建速須佐之男命を、相殿に皇大神宮と蛭子神と高龗神を合祀しております。
 社歴も千二百年と古く、また社格も旧「郷社」であります。また、社名も古くは「海洲鬼神社」と称したが、文政十四年(同一八三一年)許可を得て、海椙神社と改称しました
 平成十九年十月八日、常滑多屋土地区画整理事業により、長年鎮座した森西町の地より現在地に遷座したものであります。
【社頭由緒より転載】

常滑焼で歴史のあるこの地方ですから、古い神社があると思ってましたけど、遷座前に来ておきたかった。
この近くには鬼崎中や鬼崎榎戸漁港など、旧社名の名残が少し残っています。町名には残ってないようですが、鬼という字を避けられたのかもしれません。

【追記】
大同3年(806)、伊勢内宮より勧請し創建、当時の御祭神は皇大神宮、蛭子神。
のち延喜3年(903)に悪疫が流行、「牛頭天王を祀らば悪疫収まらん」とのご神託により、祇園牛頭天王並びに蛇毒気神を勧請、牛頭天王を主祭神としたという。

画像
稲荷社。さっぱり。
移転前の旧蛭子・蛇毒気神神殿をそのまま転用。

画像
三楠八幡神社。サンクス
移転前の旧本殿とのこと。

画像
本殿と八幡社の間に合殿と、遷座時に行った御木曳き台車。

【合殿】(左から)
多賀社
住吉社
天神社
秋葉社
金刀比羅社
池鯉鮒社
御鍬社
山神社
山神八幡合祀

拝殿前の立て札にあった授与品一覧に御朱印もありましたが、社務所は無人で頂けませんでした。
なので“朱印”タグ付いてますが画像はありません。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
海椙神社(愛知県常滑市) あらいのじかん〜神社と朱印、ときどき猫と自転車〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる