あらいのじかん〜神社と朱印、ときどき猫と自転車〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 力長若宮八幡宮(愛知県江南市)

<<   作成日時 : 2008/12/24 20:44   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 2

庄内緑地公園から旧岩倉街道を犬山方面へ走っていて、たまたま通りがかった神社です。

画像
境内は結構広め。右手には駐車場完備。

画像
上の画像を拡大。藩塀の前にある丸いのは何?
そういえば静岡県護国神社で同じものを見たような。

画像
拝殿。右手に社務所。近所の氏子さんらが境内を掃除していました。

神社名:若宮八幡宮
鎮座地:愛知県江南市力長町若宮131-1
御祭神:応神天皇、神功皇后、仁徳天皇
創建:延喜年間
神紋:菊、鷹の羽?
例大祭:10月第三日曜日

画像
社頭由緒。

【由緒】
由緒
 延喜年間の創立と云う。又、「江口家二十三代 江口五兵衛光広 京都梅宮ヨリ勧請 産神若宮八幡宮ヲ建立スル」と系図にある。
 当社は、古来より安産守護、子供の神様として崇拝されているのは、あまりに有名である。明治四十年、幣帛料供進社に指定された。終戦前の例祭には、参拝人境内に溢れ太々神楽講も組織され盛況をきわめた。曠大な境内は、昼なお薄暗い程の大木が数多くありしも、伊勢湾台風で本殿、拝殿と共に全滅したが、本殿、拝殿は、昭和三十九年までに、現在の壮麗なる造りで再建され、又、昭和五十二年五月奉賛会が結成されて、僅か半年後十月には八百本余の玉垣の奉完を為し、近隣近郷に比なき大社となる。これ、神徳広く、あまねく、敬神の諸人集いしが故なり。
由緒 鷹の絵
 神功皇后様胎内に応神天皇を御懐妊の御身にかかわらず、玄海の荒神を渡り征討の軍を大陸に進められし折、戦陣のつねとして糧食思うにまかせず。御母体と共に胎内の御子の命運も最悪となりたる時、一羽の鷹飛び来たり食を奉ず。以来鷹の群、皇后を護り、無事応神天皇の御生誕を迎え、その後も天皇と御母君を守り続けたるものと傳う。鷹の守りにより応神天皇の若宮仁徳天皇の、御生誕も有りしとて若宮八幡宮祭神三柱の守り鷹として、社紋に鷹の羽を現わし今日に至る。鷹は安産の守りに、又御礼に諸々の願事に大神に奉納され信者の守りにと、由緒を尊ぶ人々に若宮八幡宮の鷹の絵として重じられ、御社よりは奉納鷹、及び守り鷹の檜札も授与されている。
由緒 お砂
 安産守護 安産を願う者、玉垣内の、お砂を借り受け帰り臨月となるや、妊婦その室に之を奉じ崇拝すれば、御社の境内で出産すると同じ意を持ち、霊験現われて安産まちがいなく、患う人無しとて遠近よりの参詣する人絶えずして今日に傳わる。
 子授け守護 子宝に恵まれない人そのお与えを望む時、男子誕生を望む者は男の子に、女子誕生を願う者は女の子にお砂を取ってもらい、御守りとともに奉ずれば望み通りの子宝を得る事が出来ると言われ、現実に、子無きの悲しみをのがれ、幸を得たる人有りて、願掛けに賽を奉じ参拝する者、数多し。
 復納礼参り お砂を借り受けたる者、分娩成願後は速やかに本地にお砂を返えし、鷹の絵を奉納するを慣わしとする。されど時代の推移とともに、由緒のお砂取り、及びお返えしに子供が謝金を受けるは教育上好ましくないとされるようになり、今は氏子内の幼児に、お砂を守袋に入れさせて社務所にて授与する。又、御社からは、御祈祷ずみの安産腹帯、願事成就のお守も授与される。
由緒 子供守護
 昔、氏子の腕白子供が、下肥の樋を舟として御神体を乗せ水遊びするを見た村人激怒して、その子供を打ち殴り叱責して御神体を洗い清よめ、神殿に納め奉り家に帰り着き、そのまま身動き出来ず、病床に苦しむ。あらゆる医薬をもってもその病は治らず、一家なげき悲しみの日が続く。或る夜、まどろみの中に御神体現われ「祭神が折角、子供と楽しく遊んでいるのを殴り叱るは神の心にあらず」と、のたもう。神の御心を知り村人病床より許しを乞い、家族、又神前に参じお許しの祈りを続けたるところ、不治と思われた村人、病は去り健康に恵まれ家業に励みしと言う。以来、境内はもとより神殿、拝殿で目に余るいたずら不敬をしても、子供は神の子として、氏人村人これを許すと伝わる。事実現代の親が見たなら腰が抜ける様な危険な遊びをし、神殿の屋根にまたがり、拝殿に登り雲つく大木の枝を渡り、腕白の限りを尽した子供は数知れず。そして、屋根から落ち、枝が折れて転落した者も多数あったが、傷を負い、血で神域を汚すことなし。今日に至るも、境内で子供の事故災難は見聞せず。これ大神の子供を守るの御心厚きによるものと拝察する。
むすび
 人間苦しい時の神たのみと昔から言われるが、事実、安産を願い諸々の願掛けの時は、心より神を拝すれど、その成願の日以後の、お砂返し、願成の御礼参りこそ、真に神を崇拝するの行いと言える。されど、これを行わずとも神は罰を与うる事なく大御心を以て守護たまわるを拝し諸人敬神の道に徳を得られよ。(拝惶拍手)
【安産守護神若宮八幡宮由緒書より転載】

そんな感じで徹底して子供に関する神徳・霊験・加護などが記されています。
男女の産み分けまであるとは驚きです。
そんな訳で、神社内で遊んでいる子供いても叱らないようにしましょう。

京都梅宮というと右京区、山城国最古の八幡宮といわれる平岡八幡宮があるところですが、この八幡さんが勧請元かな。

【祭礼】
歳旦祭:1月1日
左義長:1月14日
祈年祭:2月第1日曜日
夏越祭:七月中旬
大祭:10月第3日曜日
新嘗祭:12月第1日曜日
祈祷日:第1、第3日曜日午前10時〜14時

画像
幣拝殿から本殿。
かなり立派ですが、ここに登る子供は現代にもいるのでしょうか。

画像
手水鉢。宝暦十四甲申年とあります。

画像
若宮八幡宮御朱印。
愛知県神社庁県内の神社紹介では「若宮八幡社」になっていた。蕃塀マニアさんとこでも『尾張名所図絵』には若宮八幡社とあるそうです。
授与所は毎週土日祭日に開いているようですが、祈祷日である第1、第3日曜日の午前10時〜14時に訪ねるのが確実かもしれません。

画像
西側に境内末社。
右から、神明社、源大夫社、津島社、三狐神社、山神、疫神禊社、秋葉社。
また境外社として、神明社本宮が一社あるそうです。
源太夫社がとても気になります。摂社源太夫社なら八幡神を上書きした可能性も大きいのですが、末社なので他から遷座されてきたのかも。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
私も最近この力長若宮八幡宮に参拝しました。ところで、蕃塀の前にある丸いのは百度石みたいです。そっくりなものが丹羽郡大口町上小口1丁目白山社にもあります。旧丹羽郡の神社では、蕃塀の前にびっくりするくらい大きな百度石が据えられている例が多いですね。
蕃塀マニア
2008/12/24 23:16
あーなるほど、お百度石でしたか。確かに参道入口に石があれば、百度石ですよね。
いつも車止め代わりのような石柱型の百度石ばかり見ていたので、そうとは気付きませんでした。ありがとうございます。
新井
2008/12/25 07:52

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
力長若宮八幡宮(愛知県江南市) あらいのじかん〜神社と朱印、ときどき猫と自転車〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる