あらいのじかん〜神社と朱印、ときどき猫と自転車〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 片山八幡社(愛知県小牧市)

<<   作成日時 : 2009/02/03 00:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

画像
愛知県小牧市の式内社片山八幡社。画像ではわからないけど、参道がパチンコ屋の裏側。この地方らしいことですが……。



画像
お参りしたのは11月末。参道はアスファルトで舗装されていますが、左右の木々はきれいに紅葉していました。

画像
神社前。入口の左右に境内社が鎮座しています。

画像
入口から向かって右、役行者像があるので御嶽社。

画像
御嶽社のとなり、稲荷社。

画像
入口左、御鍬社。

画像
拝殿前には木製の蕃塀。

画像
脇には、力石らしきものが。名古屋市内では丸い石が多いのですが。

画像
神社名:片山八幡社
鎮座地:愛知県小牧市村中字洞木408
御祭神:応神天皇、少彦名命
創建:貞観13年(871)5月15日
社格:七等級社、旧郷社
例大祭:10月10日

【由緒】
社格:七等級社(旧郷社)
鎮座地:小牧市大字村中字洞木四〇八番地
祭神:応神天皇 少彦名命
祭礼日:元旦祭 一月一日
     祈願祭 三月一五日
     大祭  十月十日
     奉穀祭 十二月十五日
末社:社宮社、御鍬社、秋葉社、津島社、稻荷社、御嶽社
由緒:平安朝時代貞観十三年(八七一年)五月十五日山城国石清水八幡宮の御分霊を当地に勧請奉祀し、延喜式内、春日郡十二座の内従三位片山天神は当社である
室町時代永禄七年(一五六四年)池田紀伊守信輝公、本殿寄進の棟札あり
江戸時代末社、社宮社棟札に明和六年(一七六九年)五月片山石宮神社と記す
文政十年(一八二七)亥七月天王宮御神楽、八月八幡宮御祭礼の記事あり

明治五年村社に昇格、明治四一年十月神饌幣帛供進告示
昭和十九年一月郷社に昇格
同二十六年六月七等級に昇級す
同二十九年十月片山八幡社と改める。
【社頭掲示板より転載】


延喜式内社の調査さんの書き起こしと部分的に異なるのは何故だろう、と思いつつこちら独自で書き置きしてみた。
式内片山天神の論社は他にもあるようです。

画像
狛犬。程良く風化しています。

画像
本殿は八幡造?

画像
こちらで気になったのが、境内社の社宮司社。名前からすると、歴代神職さんを祀る社のようですが、御祭神として「伊斯許理度売命」とあります。Wikiによると八咫鏡を作った神で、作鏡連の祖神であるという。
歴代神職が作鏡連の一族だったのかな?鏡を作る一族がこの地に移住したのかもしれない。尾張氏発祥の地ともいわれる尾張神社も近い。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
片山八幡神社(愛知県名古屋市東区)
徳川園の北西、名鉄森下駅の南の当神社。個人的には春日井・犬山方面へ走る際によく通る道にあるので、いつもの神社的な感じ。 ...続きを見る
あらいのじかん〜神社と朱印、ときどき猫と...
2009/02/04 23:10

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
片山八幡社(愛知県小牧市) あらいのじかん〜神社と朱印、ときどき猫と自転車〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる