あらいのじかん〜神社と朱印、ときどき猫と自転車〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 泥江縣神社(愛知県名古屋市中区)

<<   作成日時 : 2009/03/08 23:50   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 2 / コメント 2

画像
名古屋市中区伏見の西北、オフィス街の中に鎮座しているためか、なかなか気付かない神社です。

ビルに挟まれていますが、境内へ入ると意外と広かったり。

画像
拝殿はちょっと中へ入った場所。拝殿のすぐ横に授与所も併設されています。
左には錦稲荷社。

神社名:泥江縣神社
鎮座地:愛知県名古屋市中区錦1-7-29
御祭神:応神天皇、神功皇后、三女神
創建:貞観元年(859)
神紋:橘
社格:旧県社?
例祭:10月
月次祭:毎月1日

【由緒】
 当神社は、尾張本国帳に従三位泥江縣天神とあり、清和天皇貞観元年豊前の国宇佐八幡宮からこの地に勧請せられ当時境内八丁四方あり応永二十六年修繕、遷宮、社殿は、古社寺保護建造物に指定せられ、徳川時代には藩主を初め一般民衆の崇敬厚く広井の八幡と稱して親しまれ大祭には豪華な神輿をはじめ氏子、各町の傘鉾車が出て白山神社への神輿渡御武者行列などあり名古屋名物であった。
 それが昭和二十年三月十九日の戦災で烏有に帰し復興したが昭和四十一年不審火に依り再度焼失した。幸いにも二度共御神体は御無事であり再興して今日に至った。
【社頭由緒より転載】

泥江(ひじえ)とは地名にもありますが、元は土津(ひぢつ)や泥津(ひぢつ)が日比津(ひびつ)に転訛したものだとか。ひぢつの入江で泥江となったらしい。中村区には土江神社もあります。
縣は・・・神社の方に聞くのを忘れた(´・ω・`)古代の行政単位の県?

江戸時代には廣井八幡宮(広井八幡宮)と呼ばれていたそうです。こちらのサイトには江戸時代の絵が沢山掲載されています。
御祭神は、左から神功皇后、応神天皇、三女神と祀られているようです。三女神は宗像三女神のことでしょう。

こちらで気になったのが、本殿右側の各境内社。

画像

【境内社】(左から並んでいる順に)
錦稲荷社
菅原天神社:菅原道真公
秋葉社:火之迦具土神
住吉社:底筒男命、中筒男命、表筒男命(住吉三神):宝暦四年遷座
蛭子社:八重事代主命(積宝恵比須)通稱つんぼえびす:天保六年遷宮
五條天神社:少彦名命(医薬祖神):寛政五年鎮座
金刀比羅社:大物主神(大巳貴命)通稱だいこくさま
八神社:創建当時より鎮座
 一、天照皇大御神 伊勢神宮
 二、伊邪那美命 熊野大社
 三、保食大神 三狐神社
 四、木花開耶姫命 浅間大社
 五、啼佐波女命 稚児之宮
 六、田心媛命 宗像大社
 七、菊理姫命 洲原大社
 八、日本武尊 熱田神宮
楠社:楠正成公(正一位橘朝臣正成公):明治二年建立

各社ごとに由緒の書かれた木札が建てられており、とてもわかりやすくなっています。境内社の創建年まではなかなかわからないものです。
八神社は創建当時より鎮座されていたとあるのですが、これは往古より奉斎されていた神社へ八幡神に上書きされた、ということ?にしては神様が多すぎる気もしますが、場所的には古くてもおかしくないのは確か。本殿の宗像三女神が微妙にかぶっているのも何故?

画像
境内社の中で中心に座しているのは蛭子社。こちらには由緒とは別に「つんぼ蛭子の話」という説明もあります。

  つんぼ蛭子の話
 参拝者は、この社に詣る前に社殿の後ろに廻って、小石か、こぶしを持って、トン、トン、トンと音を立て、社殿の腰板をたたいてから正面に廻り返して、それから願いの言葉を述べるのである。
 そうしないと「神様」がツンボであるから、参拝者、氏子の願いの言葉が良く聞き取れないというのです。それで拝む前にコチラから注意を与えてから拝むと言う話です。
つまり、これは、参拝者の誰れが言い出したか、又いつの頃から始まったかもわかりません。
 この話で氏子と、この神様の間に明るい願望の期待の心が、うかがわれて面白い。
 日本の戦後の教育のなかれ、何事も理窟づめの見方考へ方、感じ方だけが大切だと教へられている様に思へる節が多分にある。生活に根を下した民族の空想性に結びついた情と言うものが人間のうるおいの上に重要な心的要素だと思う故、この話は貴いものです。
 現在は、参拝する前に、社殿横に掛けてある木槌を取り吊してある版木をトン、トン、トンと軽くたたいて正面で、それぞれの願言葉を申し上げますと、御利益にあやかれると伝えられ、今日では県下はもとより県外の方も御参拝に訪れ、今日に至っております。

京都にも、本殿の横板を叩いてから願い事を言うという神社がありましたね。

画像
楠社側から。楠正成公は、尾張藩士が神像を彫り祀っていたのを、明治になって社を建立したとのこと。しかし戦災で神像は焼失。現在は湊川神社より勧請されているとのこと。
赤塚神明社ともども、湊川以前に尾張藩で祀られた中の一社みたいですね。

画像
本殿左手にご神木。公孫樹につき秋には銀杏が降ってきます。

画像
白龍を祀る社殿。龍の置物を撫でると御利益があるそうです。

画像
境内の陰陽石。撫でると御利益があるそうです。
陰陽って道教でいうアレだよね?

画像
泥江縣神社御朱印。普段は無人ですので、月次祭などの祭礼日に訪れるのがいいでしょう。
授与所が無人のときは、奥の社務所に居るかもしれません。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
土江神社(愛知県名古屋市中村区)
泥江縣神社ともうひとつ、ひじえの名を残す土江神社があるのは、名古屋駅を越えた西側、地元民の言う栄生のあたり。 栄生って名鉄に乗らない人には読めない。 ...続きを見る
あらいのじかん〜神社と朱印、ときどき猫と...
2009/03/09 00:36
行ってみたいな、猫カフェ。
前までは行ってみたんだけどね。 お店は袋町通りにあります。泥江縣神社やお袋聖天のお寺がある通り。 でも一人で入るのはちょっと・・・でも入ったら自分の世界に入ってしまいそうで・・・と思いつつ調べてみたら、夜も開いてるのね。 今度の集いはここにしよう! ...続きを見る
あらいのじかん〜神社と朱印、ときどき猫と...
2009/04/05 00:11

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
先々週この側を通ったのに気づいてない(>_<)
うーーーん 
新井さん神社地図でもあるんですか?
もこりん
2009/03/09 00:04
私が愛用するアトラスの道路地図には載ってますよ!
ちょうど堀川の橋かた外れた人通りの少ない道にあるので、地図で近くへ行き現地で迷うこと度々でしたがw
新井
2009/03/09 00:49

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
泥江縣神社(愛知県名古屋市中区) あらいのじかん〜神社と朱印、ときどき猫と自転車〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる