あらいのじかん〜神社と朱印、ときどき猫と自転車〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 和合春日社(愛知県愛知郡東郷町)

<<   作成日時 : 2009/05/01 00:17   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
和合といえば名古屋ゴルフ倶楽部和合コース、しか思い浮かばない。コースはここから北西にあります。

画像
神社のすぐ隣には浄土宗天理山大徳寺。かつての神宮寺に間違いないでしょう。

画像

神社名:春日社
鎮座地:愛知県愛知郡東郷町大字和合字南蚊谷168
御祭神:天児屋根命、天照大御神、大山津見命、菊理姫命
宮司:加藤喜嗣

【由緒】
創建は明らかではないが、当地が旧山田郡であったこと、神社東側の鎮守坂の田が古来「わにだ」と言われていること、近隣に奈良、平安時代の古窯跡が多数あり当時より発展した集落が存在したことより式内社「和爾良神社」であったと考えられる。社蔵の棟札には宝永6年(1709)春日社再建記された物がありそれ以前より春日社と称していた事は間違いない。
富士浅間神社兼務神社より転載)

 現在の春日社の前身は、奈良時代から平安時代にかけて、古窯に従事した人々が祀ったといわれる和爾良(わにら)神社、また室町時代にこの地に祀られていた鎮守社であろうと伝えられるが、詳かではない。
 和合の立地条件が、南面する傾斜地にあって、春木川の形成する肥沃な平地を控えているため、殊のほかはやくから人が住みつき発展してきたものと思われる。そのため和合の春日社は、その前身をさかのぼれば、随分古いものと信じたい。
東郷町歴史のさんぽ道より転載)

豊明市の宿鹿嶋社(川嶋神社)と同じように、いわゆる猿投古窯群と呼ばれる地域に式内社が存在した可能性があるとのこと。式内和爾良神社についてはは春日井市の和爾良神社朝宮神社など諸説あり、断定できていません。

画像
社殿はコンクリート造り、様式は春日造ですが、色がとても鮮やか。

画像
物置?も鮮やか。

画像
記念碑いろいろ。

画像
こんなところに式内社があったかも、という記録。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
和合春日社(愛知県愛知郡東郷町) あらいのじかん〜神社と朱印、ときどき猫と自転車〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる