あらいのじかん〜神社と朱印、ときどき猫と自転車〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 川原神社(名古屋市昭和区)

<<   作成日時 : 2009/07/17 20:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

画像
名古屋市昭和区、針名神社から旧飯田街道をちんたら走っていると・・・マンドリンの音の博物館

画像
いいえ、川原神社です。
近いんですよ、マンドリンの音の博物館。なぜマンドリンなのかはHP参照で。
左に見える池には、摂社川名弁天社。

画像
最近では管理上の問題から、池はあっても水が抜かれてることもあるんですよね。
こちらはきっちり満たされていました。
亀も300匹以上いるそうです。

画像
神橋。

画像
神社名:川原神社。
鎮座地:愛知県名古屋市昭和区川名本町4-4-11
御祭神:日神、埴山姫神、罔象女神
社格:式内社、旧県社、七等級社
例大祭:10月17日

延喜式にある川原天神であるが、創建年や詳しい由緒は不明。太古ここは入り江であったという。
江戸時代までは「川名の弁天さん」として有名だったそうです。
社殿は昭和20年3月の夜間空襲により焼失。27年に再建するも、平成4年2月不慮の火災により焼失。10年に再建されたのが現在の社殿です。

御祭神の埴山姫神は、祭器とする陶器を作る材料である土の神。罔象女神は水の神。
日の神、土の神、水の神、天地水を祀るという、とても原始的な信仰を残している神社です。

ちなみに三と八のつく日には朝市が立つそうです。

画像
川原神社御朱印。
女性の神職さんに書いて頂きました。

画像
左に龍神社、右に川名稲荷社。

画像
その他境内社いろいろ。

【境内社:御祭神:創建】
摂社・川名弁天社:市杵嶋姫命
戸隠社:天手力男神:江戸初期
津島社:建速須佐之男命:明治晩年
川名天神社:菅原道真公:昭和55年
猿田彦社:猿田彦神:昭和37年
秋葉社:迦具土神
山神社:大山祇命:明治5年
若宮社:仁徳天皇:明治5年
川名社:戦没者四六三柱・神社功労者二柱:昭和28年
川名稲荷社:倉稲魂神
龍神社:高おかみの神

画像
こちらの神社、実は鳩が豊富でして・・・

画像
こんなに近づいても逃げません。
よく調教された鳩だ!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
深川神社(愛知県瀬戸市)
名古屋市から名鉄瀬戸線で終点尾張瀬戸駅まで乗って、さらにちょと歩いた先に、瀬戸市の式内社深川神社が鎮座しています。 門前町は普段もそこそこ賑わっています。 瀬戸名物?の瀬戸焼きそばなどがおすすめですよ。 ...続きを見る
あらいのじかん〜神社と朱印、ときどき猫と...
2009/07/18 08:58

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
川原神社(名古屋市昭和区) あらいのじかん〜神社と朱印、ときどき猫と自転車〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる