あらいのじかん〜神社と朱印、ときどき猫と自転車〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 弁天島弁天神社(静岡県浜松市西区)

<<   作成日時 : 2009/08/10 19:15   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 1 / コメント 1

画像
東海道線で豊橋〜浜松間の電車に乗っていて、車内からこんな景色を見たことないですか?

画像
別角度から。向こうに見えるのは国道1号線浜名バイパスの浜名大橋。

画像
ええ、弁天島駅前に鎮座する弁天神社ですよ。

画像

神社名:辨天神社
鎮座地:静岡県浜松市西区舞阪町弁天島
御祭神:市杵島姫命
創建:宝永六年(1709)

静岡県神社庁には所属していないようです。
同じ舞阪町の式内社岐佐神社の説明に「旧舞阪町内には神社が1社なので」とありますし。

【由緒】
   弁天島と天女
 昔、弁天島のこの辺りは砂洲が新居の橋本辺りまで続き、白砂青松「天の橋立」のような風景が広がっていました。そんな弁天島の美しさに誘われてか、ある日天女が舞い降りました。村人は大変喜び、社を立てるからここに留まってほしいとお願いしました。ところがどういうわけか、天女は駿河の三保の松原へ立ち去って行きました。
 それから長い年月がたち、この辺り一帯は大きな災害にみまわれ、洲崎の一部であった弁天は湖にとり残されて島となりました。その後、舞阪と新居の間は渡船で行き来するようになりましたが、江戸時代の宝永六年(西暦一七〇九年)今切渡海安全のため、この島に辨天神社が建てられました。人々は天女伝説のこともあり、この神社を大切にお守りしてきました。御祭神は「市杵島姫命」といい、海上・交通・家内安全、商売繁盛など諸願成就の神として多くの人々に信仰されています。
 なお、境内には浜名湖弁天島を詠んだ正岡子規、茅原華山、松島十湖の文学碑があります。
【社頭由緒より転載】

弁天島と呼ばれるようになったのは、この弁天神社が創建されて以降のようです。意外と新しい地名なのね。
地震か津波か暴風雨かで浜名湖が切れたのは1500年ごろといわれていますから、島となった後200年ほどは名前が定まらなかったとか。
弁天島は東海道の舞阪宿と新居宿の間にあるため、弁天島がどちらの宿に属するかで揉めたそうです。

しかし天女さんも三保へ行かなきゃ、あんな目に遭わなかったろうに…。

画像
由緒にあった文学碑。
神社自体は小さく、社務所は無人でした。

画像
ちなみにこの鳥居と弁天神社は関係ないそうです。
弁天島のシンボル的に建てたとかなんとか。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
御穂神社/羽車神社(静岡県静岡市清水区)
清水より三保へ向う途中の車内にて。 富士山がちょっと見えたよ! ...続きを見る
あらいのじかん〜神社と朱印、ときどき猫と...
2009/08/11 17:16

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
辨天神社は神社本庁の被包括下にあり、静岡県神社庁浜名支部の一社です。
tkyng77719
2016/04/18 10:47

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
弁天島弁天神社(静岡県浜松市西区) あらいのじかん〜神社と朱印、ときどき猫と自転車〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる