あらいのじかん〜神社と朱印、ときどき猫と自転車〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 熱田神宮氷上姉子神社(愛知県名古屋市緑区)

<<   作成日時 : 2009/08/19 21:35   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 3

画像
熱田神宮から結構南のほうの名古屋市の端っこあたり、JR大高駅と名鉄名和駅の間あたりに神社があります。
画像の北向き鳥居まで結構遠いです。

画像
鳥居をくぐってしばらく歩くと、玉根社。

画像
玉根社のすぐとなりには御神田、というか斎田。
6月第四日曜日に御田植祭、9月28日には抜穂祭が行なわれ、熱田神宮本宮ならびに摂末社すべてに供えられます。
無農薬みたいで鳥や虫がいっぱい飛んでるよ!

画像
少し登って境内入口。

画像

神社名:氷上姉子神社
鎮座地:愛知県名古屋市緑区大高町火上山1-3
御祭神:宮簀媛命
創建:仲哀天皇四年(195)
神紋:五七桐竹
社格:式内社
例祭:10月第1日曜日14時

【由緒】
 熱田神宮摂社氷上姉子神社は、名古屋市緑区大高町火上山に鎮座する古社で、昔から「お氷上さん」と親しく呼ばれ、尾張氏の祖神として、地元はもとより、広く当地方一円の人々の限りない崇敬と信仰を集めています。
 当社は、古代尾張の開拓神であった天火明命の子孫で、当時の尾張国造(現在の地方長官)として、火上の地を本拠としていた乎止与命の館跡(現在の火上山山頂近くの元宮の地)に、宮簀媛命を御祭神として仲哀天皇四年(一九五)に創建された由緒深い神社です。御祭神の宮簀媛命は乎止与命の女で、古代随一の英雄と讃えられる日本武尊が、東国平定からの帰途この地に留まられた際に結婚され、尊の薨去後は神剣草薙神剣を奉斎守護して、やがて熱田神宮御創祀への貴い道を開かれた方であります。
 このお社は持統天皇四年(六九〇)に、火上山のふもとの現在の地に遷座になり、尾張氏をはじめ多くの人々の崇敬を受けながら、約一八〇〇年の歴史と共に今日に至っています。旧社地には元宮が鎮祭され、宮簀媛命の館跡として、又当社の創祀を語る地として、大切にされてきました。
 その後、醍醐天皇の延長五年(九二七)に編纂された『延喜式』には、火上姉子神社と記載され、又貞治三年(一三六四)の『尾張国内神名牒』にも従一位上氷上姉子天神とあって、古くから格式の尊いお社であったことがわかります。さらに、康正元年(一四五五)十二月には、遷宮を示す棟上げのことが見え(『熱田宮年代記』)、永正六年(一五〇九)九月には、本殿と供御所の御修理が行なわれた記録(『氷上社記』)もあり、江戸時代の貞享三年(一六八六)には、幕府によって御社殿の造営が行なわれました。現在の御本殿は、明治二十六年の熱田神宮御改造の時までの別宮八剣宮の御本殿を、当社へ移築した由緒の深い建造物です。
(中略)
   氷上・姉子の名称
 当社の御鎮座地は大高町火上山ですが、昔は「火高火上」と称しました。ところが当社及び大高の民家がたびたび火による災害を蒙ったので、それまでの地名から火の字を忌んで、大高氷上と改めたといわれています。尚、現在は地名については元の火上山に復しています。
 また姉子については、『尾張国熱田大神宮縁起』に、日本武尊が御東征の帰路、甲斐国の坂折宮で宮簀媛命を恋い偲のんで詠まれたと伝える次の御歌から付けられたと云われています。
   年魚市潟 氷上姉子は 我れ来むと 床去るらむや あはれ姉子を
【氷上姉子神社の栞より抜粋転載】

熱田七社のひとつ。草薙神剣が熱田神宮以前に奉斎されていた場所なので、『元熱田』とも呼ばれています。
大高は尾張氏が西方より移住し上陸した場所とも言われており、また知多半島の付け根として、伊勢湾を見渡せる地として、笠寺台地と共に戦略上重要な場所だったようです。
知多半島には熱田神宮の神領もありましたから。
年魚市潟はあゆちがたと読みます。江戸時代まで熱田〜笠寺〜大高の間に広がっていた干潟のことです。星宮社などがあったあたり。

画像
カブトムシが貰えるってホント?
それより、神職さんが境内でカブトムシを追っかけてるのでしょうか。
なんだかいいなぁ。

画像画像
氷上姉子神社御朱印。

画像
先の神社入り口から振り返ると、神社創建時の鎮座地である元宮への入り口。
バードウオッチングもできますよ。

画像
元宮への途中に神明社。

画像
そして着きました元宮。
広くなっているのは、神事が執り行われるからでしょうね。
社殿のとなりには、館跡の碑文。

【境内末社】
元宮:宮簀媛命
神明社:天照大神
玉根社:少彦名命
境外社・朝苧社:火上老婆靈

境外社の朝苧社だけは場所がわかりませんでしたよ…社家のお墓のような場所は見かけたのですけれど。

画像
日本武尊が泊まったとされる寝覚の里。

神社のすぐ側を国道23号と名古屋高速が走っていますので、色々と騒がしいのは止むを得ません。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 11
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
アルトという足を手に入れたので上手になったら行って見ます
大高のイオンの手前の山かしら・・・
大高は昔から戦略拠点でしたよね
今川さんもここにこなければ歴史が変わっていたのにね!
もこりん
2009/08/20 01:26
夏の神社はどこでもそうなのかもしれませんが、蚊にというか虫に襲われませんでしたか?
自分は元宮で幼少の頃の天敵カマドウマに出会い、怖い思いをしました。

静岡編も楽しかったです。高座さんの御神木素敵ですね。
氷上さんまでの流れがとても心地よかったです。ありがとうございました。

色々と騒がしいのは止むを得ません。
よね…ん?…!…!! 本当に

2009/08/21 23:42
>もこりんさん
名古屋から氷上山を超え知多半島道路をくぐるとカインズに出て、そこから24号線をくぐるとイオン大高付近に出ますね。
近くの大高城は桶狭間の戦いで、徳川家康が入ったところです。

>顕さん
ありがとうございます。
虫よけスプレーを使って行ったものの、かけてない耳を狙われ芳一気分でした。
本宮くらいもう少し森が厚ければ静かになったんでしょうけど、しょうがないですよね。
新井
2009/08/24 21:30

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
熱田神宮氷上姉子神社(愛知県名古屋市緑区) あらいのじかん〜神社と朱印、ときどき猫と自転車〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる